勉強やゲーム、スマホについての約束やルールはある?ない?

お子さんのゲームのしすぎや、スマートフォンの使いすぎに、頭を悩ませていませんか。また、ご家庭ではそれらの使い方について約束やルールを決めていますか。東京大学社会科学研究所・ベネッセ教育総合研究所「子どもの生活と学びに関する親子調査2015」では、家庭での「勉強」「テレビやゲーム」「携帯電話やスマートフォン」の約束やルールについて調査し、学校段階による違いだけでなく、女子と男子でも興味深い違いがみられました。ルールがあるのは、「勉強」「テレビやゲーム」は男子、「携帯やスマホ」は女子です。ご家庭ではお子さんとどのようなルールを決めていますか?「ルールで子どもを縛りたくない」と思っても、子どもは自己をコントロールする力がまだまだ弱いものです。勉強に支障をきたさないように、また、安全や健康上の理由からも、いくつかの約束やルールを設けるとよいかもしれません。また、勉強については、どの学校段階でも、男子は女子に比べて「勉強」時間が短い傾向にあり、「人に言われなくても自分から勉強する」割合も低い傾向にあります。
http://www.galaxymobile.jp/galaxy-s7-edge/gaming/

リアル脱出10周年、京都で鉄博とコラボ

リアル脱出ゲームを手がける「SCRAP」は、「JR西日本」「京都鉄道博物館」「京都駅ビル開発」と共催で、京都を舞台にした回遊型のリアル脱出ゲーム『ナゾトキ街歩きゲーム』の新作「京都鉄道ミステリー」を9月28日から開催します。2007年7月に、当時会社があった京都で第一弾がおこなわれたリアル脱出ゲームです。京都が舞台というのがかなり曰くありげだったのですね。今年は10周年ということで、誕生の地である京都の「京都鉄道博物館」を舞台に開催されることとなりました。館内に仕掛けられた謎や暗号を解き、そして、京都の街へ。最後の答えに辿り着ければクリアで、ゲームを楽しむためにはスマホなどインターネットに接続できる環境が必要となるという(通信費は各自負担)ことです。期間は来年1月8日まで。参加料金は前売り2500円、当日2700円(京都鉄道博物館入館券付き)となっています。9月1日よりJR西日本「みどりの窓口」などで発売されます。

「NEW GAME!!」滝本ひふみがねんどろいど化、社内メッセのプレート付き

“得能正太郎原作によるテレビアニメ「NEW GAME!!」のフィギュア「ねんどろいど 滝本ひふみ」が、2018年2月に発売されます。「ねんどろいど 滝本ひふみ」の表情は「ジト目顔」「おどろき顔」「笑顔」の3種類。対面で喋るのは苦手な彼女が、社内メッセでは見せるフランクな一面を表現した「顔文字プレート」も付属する。そのほか「スマートフォン」やハリネズミの「宗次郎」など小物も充実しています。ポーズに変化がつけられる「お座り用下半身パーツ」も用意されるということです。なお滝本ひふみのねんどろいど化に合わせて、2016年に販売された「ねんどろいど 涼風青葉」の再販も決定しています。GOODSMILE ONLINE SHOPでは「ねんどろいど 涼風青葉」の予約を9月13日21時まで受け付けており、注文者には特典として「ゲームパッド(原作イメージ)」がプレゼントされるということですから、これから楽しみですね。