ソニー、5.5型スマホに「4K HDR」液晶搭載。スマホ初の960fpsスロー撮影にも対応した旗艦「Xperia XZ Premium」正式発表

Sony MobileはMWC2017においてスマートフォン「Xperia XZ Premium」を正式発表しました。最大の特徴は4K HDR液晶の搭載です。5.5型の液晶ディスプレイながらも、解像度は2160 x 3840ピクセルを実現しています。Xperia Z5 Premiumも4K解像度のディスプレイを搭載していましたが、普段はFHDモードで稼働しており、大した意味はありませんでしたが、今回は違います。Amazonとの提携によりAmazon Videoの4K HDRコンテンツを楽しむことができます。HDRとはハイダイナミックレンジ合成の略称。対応コンテンツであれば、映像の輝度までをもディスプレイ上で再現し、優れたコントラスト、ディテール、カラーで迫力と精細感のある映像を楽しめます。スマホとしては最新OS Android 7.1と最新最上級SoC Snapdragon 835搭載。これにより1Gbps LTEにも対応。筐体は防水防塵。カメラはMotion Eyeに対応。カメラスタックにメモリを内蔵し、スマートフォン史上初のソニーのデジタルカメラのごとき「960fpsスローモーション動画撮影(解像度は720p)」にも対応する充実ぶりです。水の滴り落ちる様子、噴水、鳥が飛び立つシーンをよりドラマチックに撮影できるでしょう。

バーチャルリアリティを「GP VR18 3DVRゴーグル」で楽しもう

スマートフォンで360度のバーチャルリアリティを楽しむにはVRゴーグルを用意しなければいけません。
そのVRゴーグルは様々な種類が発売されていますが、最近注目されているのが「GP VR18 3DVRゴーグル」です。
このVRゴーグルは4インチから6.5インチのディスプレイサイズに対応していますので、ほとんどのスマートフォンを使用することができるでしょう。
また、顔と接する部分には保護マットが付いていますので長時間使用しても痛くなることがありませんし、頭部を固定するベルトも調節することができますので不安を感じることなく集中することができますね。
それに、散熱性に優れていますのでスマートフォンの熱をしっかり逃がすことができますし、自分の熱による蒸れなども逃がすことができますので快適に楽しむことができるでしょう。
激しい動きでもスマートフォンが外れないように、しっかりクランプできるボードが付いていますので安心ですね。
重さは約263gになっていますので、子供や女性が長時間使用しても疲れにくいと思います。
このようなVRゴーグルは歪みが少ないバーチャルリアリティを楽しむことができますので、これからVRゴーグルを購入する人は使用してみてはいかがでしょうか。 ウェアラブル – Galaxy Mobile Japan 公式サイト