おもしろグッズ『前を見ながら真下が見えるメガネ』登場

スマートフォンって1日中でも操作していられますよね。ゲームをしたり…電話したり…ドラマや映画を見たり…仕事だって出来ちゃいます。「ヘビーユーザーではないけど、スマートフォンを触ってないとソワソワしてしまう」なんて方も少なくないでしょう。家族や友達とお喋りしている時でさえスマートフォンを触りたくなってしまうもの。でもスマートフォンをいじりながら会話をするのは失礼ですよね。そんな方にオススメのアイテムが上海問屋から登場しました!商品名は『真下が見えるメガネ』(999円)で、真っ直ぐ前を見たまま、レンズ先の出っ張りに取り付けられたミラーから手元のスマートフォンを見れるというメガネなんですよ。ミラーの出っ張りが明らかに不自然なメガネですが、上手くすれば、きちんと話を聞いている風に見えるかもしれません(?)。ネタとしても十分アリですよ、絶対ウケます。実用的なものでないと買いたくない!という方は、寝転んだままテレビを見たり、本を読んだりといった使い方もできますよ。他にもアイデア次第でいろいろな使い方が発見できそう。さまざまなスマホグッズが出ていますが、たまにはこういったファンキーなものを身に付けて友達と会うのも楽しいと思います。なんだかんだ言って一番健全で良いのは、スマートフォンよりも友達とのお喋りですからね。

スマホのポタアンって知ってる?音楽好きなら検討必死!電池持ちも良い新製品も。

音楽好きならアンプというのは知っているでしょうか。

簡単に言えば、スピーカーを使用する際の音楽信号を増幅する役割があります。

ヘッドホンアンプは、ヘッドホン国道させるために最適かされていて、スピーカーのアンプとは若干違います。

このアンプの種類によって、音質が左右されるので、音質にこだわる人はそのアンプにもこだわりがあります。

さて、ではポタアンというのはご存知でしょうか。

ポータブルアヘッドホンアンプというもので、持ち運びができる小さくでそれ単体でバッテリーや電池が付いているものです。

もちろんもともとスマホやiPodなどにも組み込まれていますが、音質よりも省電力で電池持ちを良くすることを重視しているため、外ずけの別電力でのアンプのほうが高音質になるのです。

ニュースで見かけてた新しい商品で、USB DAC内蔵ヘッドホンアンプ「HERUS+」というものがありますが、こちらで価格が7万円前後です。

正直普通の人は買わないかと思いますが、音楽にこだわりがある人は大変注目しています。

この製品は同社の先代比で25%ぐらいの省電力化をした新開発の低消費電力モードを装備していて、今まで以上にスマホ バッテリー 長持ちになっています。

オーディオにお金をかけている人というのは意外と多くて、電気屋さんに行ってもコーナーがあるほど。

音楽を贅沢にしかも外でも楽しみたい一には必見の商品と言えるでしょう。

photo_zps6ff0feku.jpg

スマホ バッテリー 飛行機の場合

動画、ゲームなどしているとスマホバッテリーなんてすぐになくなってしまうのです。やはりスマホをしている人たちは、真剣にスマホバッテリー対策をしなければなりません。

バッテリーを持ち込んで充電したい。しかし、飛行機って、ちょっといろいろと注意をしなければならないことがあるようです。飛行機は、条件によって、電池が持ち込めたり、持ち込めなかったりします。

リチウム電池またはリチウムイオン電池と言うのが残念ながら制限されているようです。使い捨ての場合「リチウム電池」、充電できるものを「リチウムイオン電池」と区別をしているようです。

機内に持ち込むことが可能なリチウムイオン電池は160Whが基準です。160Wh以下ということなら、飛行機に持ち込むことが出来ます。

リチウムイオン電池の場合は、制限がないということが多いですが、リチウム電池にはちょっと注意をしなければならないということのようです。電動車椅子、電動駆動補助具に使用されているウェットバッテリーも飛行機に持ち込みは出来ません。

photo_zpszx6dsjng.jpg

スマホ iPhoneの時代

スマホを比較して、結局多くの人たちが選択しているものと言えば、iPhoneです。 圧倒的なシェアなので、やっぱり、何も判らないという人たちは、iPhoneを持つことでかなり安心出来るメリットはあります。

人気があるスマホを選択すれば、間違いないという感じでしょうか。Androidとは一歩必ず抜きんでているスマホと言えば、やっぱりiPhoneです。

iPhone6は、一回り大きくなったディスプレイに対応するために高性能CPU・A8チップを導入しています。iPhone6Plusは、一回り大きいディスプレイが特徴です。iPhone6と比較すれば、より解像度もアップしています。写真・ゲーム重視という人たちは、iPhone6Plusを選択すべきでしょうか。

しかし、iPhoneは、スマートメディアやFlashが利用出来ない点はデメリットです。おさいふケータイが欲しいと言う時はここでAndroidを選択するべきです。まだまだiPhone優位の時代は続くという感じではないでしょうかね。

photoiPhone_zps3sxixcyh.jpg

ブルーライトカットメガネ『JINS SCREEN NIGHT USE Short Temple』新登場

夜寝る前についついスマートフォンを触ってしまうという方は多いでしょう。しかしスマートフォンから発するブルーライトは、睡眠には悪影響…逆に睡眠から遠ざけてしまう場合があるんですよ。そんなブルーライトをカットするメガネがあることをご存知でしょうか?ジェイアイエヌの『JINS SCREEN』シリーズモデルもその一つ。ジェイアイエヌといえば、JINSブランドでアイウェアを展開している企業ですよね。そんなJINS SCREENにシリーズ最新モデルが発売されるとのニュースが入ってきました。その名も『JINS SCREEN NIGHT USE Short Temple』(2/4発売予定・4900円)です。全国にあるJINS店舗およびJINSオンラインショップで購入できます。特徴は、「ブルーライトカット率60パーセント」「メガネをかけたまま横になっても圧迫感を感じないこと」「枕の上でメガネがずれにくいこと」「鼻パッドとテンプル先端がラバー製であること」など。度付きレンズ(2000円)や度付きのブルーライトカットレンズ(6000円)にも交換できますよ。寝る前にスマートフォンを触る習慣のある方は、オススメのアイテムだと思います!

Touch ID(指紋認証)が超便利

iPhoneではTouch ID機能によって、指紋認証でロック解除が可能です。これが快適であり、一度これに慣れるともうパスコードには戻れません。Appleだけではなく、一部のアンドロイドにも搭載されています。富士通のスマホ、ギャラクシーなどがそうです。Appleが初めてではなく、先陣を切ったのは富士通です。富士通が搭載していても見向きもされず、Appleが搭載すると賞賛の嵐という点が物哀しいですね。iOS8からは1Passwordのマスターパスワード解除を指紋で解除できるので、利便性がかなり増しました。また、Safariからも呼び出せますので、1Passwordを使っている場合はパスワード管理がかなり便利です。ただし、Androidも2015年に登場した最新の端末は指紋認証機能が搭載されているものが多いです。そして、いわゆるヌルヌル感、操作感のよさはiPhoneの方が良く快適です。Nexus5以降のハイスペックAndroidの異次元のサクサク感もかなりの良さですが、居心地がいい操作感はiPhoneがベストなのです。例えるならば、iPhoneは女性的であり、Androidは男性的な操作感です。カメラもiPhoneは使いやすいです。単純な画素数はiPhoneはAndroidに比べて低めですけれども、反応が良好でカメラに精通していなくても良い写真が簡単に取りやすいのです。