iPhoneとAndroidのスマホ比較

これからスマホを購入しようとしている方であれば、iPhoneにするかAndroidにするかというのはかなり大きな問題となります。機種変更しようとしている方も、この二つのスマホ比較をしていないと、今まで普通に使っていた機能が使えなくなってしまうなどのトラブルを抱えることになるので注意が必要です。ではその二つを比較してみましょう。まずバッテリーですが、どちらを使用してもそれほど大差はありません。もしバッテリーが無くなるのが心配であればモバイルバッテリーを持っていると安心です。液晶の大きさに関してはAndroidの方が大きく作られています。もしAndroidからiPhoneに変えた場合には少し小さく感じるかもしれません。とはいえ、女性の方は手が男性よりも小さいのでiPhoneの方が使いやすいと思うことでしょう。そして重要な機能ですが、特におサイフケータイを使っている方であれば、iPhoneではこの機能が使えないということを覚えておきましょう。QuickPayなどの機能もiPhoneでは使えないので、機種変更をする前にどんな機能を今自分は使っているのか、どの機能が使えなくなるのかをよく比較してみることが必要なのです。

iPhoneとAndroidのスマホ比較

これからスマホを購入しようとしている方であれば、iPhoneにするかAndroidにするかというのはかなり大きな問題となります。機種変更しようとしている方も、この二つのスマホ比較をしていないと、今まで普通に使っていた機能が使えなくなってしまうなどのトラブルを抱えることになるので注意が必要です。ではその二つを比較してみましょう。まずバッテリーですが、どちらを使用してもそれほど大差はありません。もしバッテリーが無くなるのが心配であればモバイルバッテリーを持っていると安心です。液晶の大きさに関してはAndroidの方が大きく作られています。もしAndroidからiPhoneに変えた場合には少し小さく感じるかもしれません。とはいえ、女性の方は手が男性よりも小さいのでiPhoneの方が使いやすいと思うことでしょう。そして重要な機能ですが、特におサイフケータイを使っている方であれば、iPhoneではこの機能が使えないということを覚えておきましょう。QuickPayなどの機能もiPhoneでは使えないので、機種変更をする前にどんな機能を今自分は使っているのか、どの機能が使えなくなるのかをよく比較してみることが必要なのです。

iPhoneとAndroidのスマホ比較

これからスマホを購入しようとしている方であれば、iPhoneにするかAndroidにするかというのはかなり大きな問題となります。機種変更しようとしている方も、この二つのスマホ比較をしていないと、今まで普通に使っていた機能が使えなくなってしまうなどのトラブルを抱えることになるので注意が必要です。ではその二つを比較してみましょう。まずバッテリーですが、どちらを使用してもそれほど大差はありません。もしバッテリーが無くなるのが心配であればモバイルバッテリーを持っていると安心です。液晶の大きさに関してはAndroidの方が大きく作られています。もしAndroidからiPhoneに変えた場合には少し小さく感じるかもしれません。とはいえ、女性の方は手が男性よりも小さいのでiPhoneの方が使いやすいと思うことでしょう。そして重要な機能ですが、特におサイフケータイを使っている方であれば、iPhoneではこの機能が使えないということを覚えておきましょう。QuickPayなどの機能もiPhoneでは使えないので、機種変更をする前にどんな機能を今自分は使っているのか、どの機能が使えなくなるのかをよく比較してみることが必要なのです。

おすすめの日本酒をスマホで

日本人がワインなどを楽しむように、外国人にも日本酒のファンが増えているそうです。
そんな中、先日行われたシンガポールでの和食イベント「Oishii Japan 2015」で、「sakefan World」というアプリが紹介されました。
このアプリは、日本酒のラベルにスマートフォンのカメラをかざすと、さまざまな情報を英語の動画で紹介してくれるという無料のアプリで、日本語が分からない外国人にとても好評だったそうです。
味の特徴や酒蔵、産地など、わかりやすいようにグラフなども取り入れて紹介してくれるので、スマホを使っておすすめの日本酒を外国人に紹介しやすくなりそうです。
今後は、登録数を増やし、中国語版なども追加されるとのことで、ますます日本酒人気に火が付きそうですね。
数年後には、いくつもの国の言葉で、このアプリが利用できるようになっていることでしょう。
東京オリンピックに向けて、外国人観光客が増え続け、さまざまな日本産のものに注目が集まっていくと思います。
日本酒に限らず、言葉が通じない外国の人に、スマホを活用して日本のおすすめのものを紹介することが珍しくなくなりそうですね。

おすすめの日本酒をスマホで

日本人がワインなどを楽しむように、外国人にも日本酒のファンが増えているそうです。
そんな中、先日行われたシンガポールでの和食イベント「Oishii Japan 2015」で、「sakefan World」というアプリが紹介されました。
このアプリは、日本酒のラベルにスマートフォンのカメラをかざすと、さまざまな情報を英語の動画で紹介してくれるという無料のアプリで、日本語が分からない外国人にとても好評だったそうです。
味の特徴や酒蔵、産地など、わかりやすいようにグラフなども取り入れて紹介してくれるので、スマホを使っておすすめの日本酒を外国人に紹介しやすくなりそうです。
今後は、登録数を増やし、中国語版なども追加されるとのことで、ますます日本酒人気に火が付きそうですね。
数年後には、いくつもの国の言葉で、このアプリが利用できるようになっていることでしょう。
東京オリンピックに向けて、外国人観光客が増え続け、さまざまな日本産のものに注目が集まっていくと思います。
日本酒に限らず、言葉が通じない外国の人に、スマホを活用して日本のおすすめのものを紹介することが珍しくなくなりそうですね。

ルネサス エレクトロニクスの新製品『R-Car W2R』

スマートフォンは、電話やメール以外にもさまざまなことに活用できます。ワード・エクセルや万歩計、車のナビなど…携帯電話の時代では考えられなかったと思います。9月29日にルネサス エレクトロニクスが発表した『R-Car W2R』もまた然り。この新製品は、なんとVehicle-to-Pedestrian(自動車と歩行者の間の通信)を可能にしたものなんですよ!そんなことできるの?と思いますが…スマートフォンを所持している歩行者が横断歩道を渡ろうとすると、Wi-Fi経由で信号機に信号が送信されるそう。それを受けた信号機は、横断歩道に近づいてくる自動車に対して「歩行者がいるよ」と無線信号(IEEE 802.11pに準拠した5.9GHz帯)を送るというわけ。信号を受け取った自動車の運転手は、気を付けますよね。ちなみに信号機から約七百メートル離れた自動車にも信号を送れるみたいです。ギリギリだと慌てますもんね。この『R-Car W2R』は、10月12日から15日にカリフォルニア州オレンジカウンティで開催した同社のプライベートイベント『Renesas DevCon 2015』でデモが披露されていました。『R-Car W2R』は注目の的だったそうですよ。スマートフォンを交通安全にも活用できるって素晴らしいと思います!

ルネサス エレクトロニクスの新製品『R-Car W2R』

スマートフォンは、電話やメール以外にもさまざまなことに活用できます。ワード・エクセルや万歩計、車のナビなど…携帯電話の時代では考えられなかったと思います。9月29日にルネサス エレクトロニクスが発表した『R-Car W2R』もまた然り。この新製品は、なんとVehicle-to-Pedestrian(自動車と歩行者の間の通信)を可能にしたものなんですよ!そんなことできるの?と思いますが…スマートフォンを所持している歩行者が横断歩道を渡ろうとすると、Wi-Fi経由で信号機に信号が送信されるそう。それを受けた信号機は、横断歩道に近づいてくる自動車に対して「歩行者がいるよ」と無線信号(IEEE 802.11pに準拠した5.9GHz帯)を送るというわけ。信号を受け取った自動車の運転手は、気を付けますよね。ちなみに信号機から約七百メートル離れた自動車にも信号を送れるみたいです。ギリギリだと慌てますもんね。この『R-Car W2R』は、10月12日から15日にカリフォルニア州オレンジカウンティで開催した同社のプライベートイベント『Renesas DevCon 2015』でデモが披露されていました。『R-Car W2R』は注目の的だったそうですよ。スマートフォンを交通安全にも活用できるって素晴らしいと思います!

3大キャリア以外のSIMカードが格安SIMです

格安SIMってよく聞くけどそれって何?すでに日常的な用語となった言葉でもそれの本当の意味がわからないという人は多いです。ましてや興味のないものであればそれも当然です。わからなくても全く恥ずかしいことはありませんので格安SIMはできるだけ疑問に思ったときに理解しておいたほうがいいでしょう。最も知らなくても全然大丈夫です。格安SIM格安スマホというのはスマートフォンの話題の中で常に出てくる言葉となっています。格安SIMというのはSIMカードのことです。スマートフォンであればどのような機種にも漏れなく付いているものです。これはガラケー時代からのものですけど、スマホに変えるときはこのSIMカードも差し替えになることが多かったようです。このSIMカードがなければスマホはただの箱で通話も通信もできません。まさに心臓部と言えるカードですね。これがなくてもWi-Fi接続はできますので厳密に言えば3GやLTEなどの回戦接続ができないということです。そのSIMカードをドコモ、au、ソフトバンク以外から出ているものが格安SIMというものです。これでも通信ができるのは回線を牛耳っているキャリアの回線を間借りしているのですが細い回線ですので通信量が小さくなるというデメリットがあるのですがその分格安となっていて、格安SIMという言葉がそこから来ているのです。
こちら

3大キャリア以外のSIMカードが格安SIMです

格安SIMってよく聞くけどそれって何?すでに日常的な用語となった言葉でもそれの本当の意味がわからないという人は多いです。ましてや興味のないものであればそれも当然です。わからなくても全く恥ずかしいことはありませんので格安SIMはできるだけ疑問に思ったときに理解しておいたほうがいいでしょう。最も知らなくても全然大丈夫です。格安SIM格安スマホというのはスマートフォンの話題の中で常に出てくる言葉となっています。格安SIMというのはSIMカードのことです。スマートフォンであればどのような機種にも漏れなく付いているものです。これはガラケー時代からのものですけど、スマホに変えるときはこのSIMカードも差し替えになることが多かったようです。このSIMカードがなければスマホはただの箱で通話も通信もできません。まさに心臓部と言えるカードですね。これがなくてもWi-Fi接続はできますので厳密に言えば3GやLTEなどの回戦接続ができないということです。そのSIMカードをドコモ、au、ソフトバンク以外から出ているものが格安SIMというものです。これでも通信ができるのは回線を牛耳っているキャリアの回線を間借りしているのですが細い回線ですので通信量が小さくなるというデメリットがあるのですがその分格安となっていて、格安SIMという言葉がそこから来ているのです。
こちら

格安スマホ  比較

私は格安スマホがいいと思っている人たちも多くいるでしょう。安くて性能に落ちると言うのも問題ですが、価格が安く、性能もいいスマートフォンをクローズアップしてみましょう。
エイスーステック・コンピューター(ASUS)から登場した「ZenFone 5」などは、5型のIPS液晶であり、1.2GHzの4コアCPU、2GBのメモリーを搭載しているというのに、端末価格は税別で2万9800円という格安です。
このような機種こそコストパフォーマンスが高いと言います。
いろいろな通信会社がZenFone 5に注目して、ZenFone 5はもはや格安スマホの定番となったようです。そして、2015年には「ZenFone 2」 が登場することになります。ただし性能が上昇することは有難いことですが、それに伴い端末価格も上昇もアップしてしまったことには問題があります。
最も安いモデルでも3万2800円するということなので、格安スマホとしてはそろそろ限界と言う声が聞こえて来ます。やはり格安スマホは安くなければならないのです。