ドコモのおすすめスマホ「arrows NX F-01J」は強くて快適

ドコモ スマホの一つに「arrows NX F-01J」というスマホがあります。
このドコモのおすすめスマホの特徴は画面が強くて快適な使い心地にあります。
強さの秘密は富士通が独自で開発した「SOLID SHIELD」という構造が採用されているからです。
内部にはステンレスフレームやステンレスホルダなどが組み込まれていますので、衝撃に強くて画面が割れにくくなっているのです。
さらに外部には「高硬度7000シリーズアルミニウム」が使用されていますし、ハードアルマイト加工が施されていますので傷がつきにくくて快適な使い心地を味わうことができます。
また、画面を見るだけでロックが解除できる虹彩認証「Iris Passport」という機能が搭載されていますので便利ですね。
ボディサイズは幅約75ミリ、高さ約156ミリ、厚さ約7.7ミリ、重さ約169gという軽量コンパクトサイズになっています。
カラーバリエーションはホワイト、コッパー、ブラックの3色が用意されています。
それと、アウトカメラは約2300万画素の高性能カメラを搭載していますし、ハイレゾ音源にも対応していますので様々なシーンで活躍してくれるでしょう。
このようなドコモのおすすめスマホには目が疲れにくい「ブルーライトカットモード」も搭載していますので目に優しいスマホと言えますね。

バーチャルリアリティを「DMY-CO」で楽しむ

バーチャルリアリティを楽しみたいと思っている人は「DMY-CO」の「VR BOSS」というVRゴーグルで楽しむのが良いと思います。
このVRゴーグルは4.7インチから6インチまでのスマートフォンに対応しており、バーチャルリアリティを楽しんでいるときでも電話に対応できる便利なVRゴーグルです。
また、焦点距離や視界距離を簡単に調節することができますし近視の人でも眼鏡なしで楽しむことができます。
それに、散熱性に優れていますのでスマートフォンの熱による蒸れを防いでくれますし、遮光性が高いクッションを使用していますので、どなたでも快適にバーチャルリアリティを楽しむことができるでしょう。
レンズは非球面光学レンズが採用されていますので目が疲れにくくなっています。
ですので、長時間の使用も可能だと思います。
ボディサイズは幅約215ミリ、高さ約120ミリ、奥行約195ミリ、重さ約400gになっていますので、扱いやすいサイズと言えるでしょう。
スマートフォンをセットするときはボタンを軽く押すだけで上部カバーが自動で開いてくれますので楽にセットすることができます。
こうしたVRゴーグルは3,500円くらいで購入できますので、お手頃価格でバーチャルリアリティを体験することができますね。

頑丈×スリム……だけではない! 「arrows NX F-01J」

NTTドコモから、富士通コネクテッドテクノロジーズ製Androidスマートフォン「arrows NX F-01J」(以下「F-01J」)が発売されました。富士通コネクテッドテクノロジーズ(旧:富士通)のフラッグシップモデル「arrows NX」シリーズにおいて、1年ぶりの新作となります。今までのarrows(ARROWS) NXというと、最新のハイエンドプロセッサーを搭載し、新機能や新機軸を積極的に取り入れる、ある意味で「スペック番長」的なフラグシップモデルという印象が強いものでした。しかし、F-01Jは「arrowsのフラグシップモデル」という位置付けは変わらないものの、方向性は今までと若干異なっているのです。2015年夏モデルの「ARROWS NX F-04G」から搭載している虹彩認証「Iris Passport」は、F-01Jでも引き続き搭載しています。F-01Jの虹彩認証ユニットの基本設計は、F-04GやF-02H、「arrows Tab F-04H」のものと変わりないのですが、F-01Jでは虹彩を読み取る赤外線カメラのフィルターと、ソフトウェアのアルゴリズムが改善されました。この改善によって、虹彩の登録・認証が高速化し、炎天下(光線の強い場面)やスマホがブレやすい場面での認証通過率も改善したのです。また、arrowsの独自機能である「パスワードマネージャー」がバージョンアップし、「パーソナルノート」と名称を改めました。パーソナルノートのアクセス認証にも、Iris Passportを利用できます。
docomo スマホ製品一覧 | Galaxy