スマホカメラのHDRって何?

スマホカメラの性能はどんどん進化しているので、いったいどんな機能がついているのかわからなくなることもあります。ちょっとわかりにくい機能の中に、HDRという機能があります。夜景や花火などを撮る時に威力を発揮する機能なのですが、よく知らないという方も多いことでしょう。HDRはハイダイナミックレンジ合成と呼ばれ、写真技法の一つです。写真用語として、明るいところと暗いところの明るさの日をダイナミックレンジと言います。通常の撮影では、特に全体的に暗い写真の中の光などがきちんと写らない場合があります。しかしHDRを使えば、暗いところを中心に撮った写真と、明るいところを中心に撮った写真とを合成して一枚の写真にしているので、明るい部分も暗い部分もくっきり写るというわけです。ただしいつでもHDRが良いというわけではなくて、食べ物などは通常の取り方の方が良いという場合もあります。HDRは結局合成写真なので、被写体のイメージと違ってしまう場合もあるようです。加えてスマホには合成前後の写真がすべて保存されてしまうので、空き容量にも注意が必要ですね。使ったことのない方は、夜間の撮影などにHDRを使ってみてはいかがでしょうか。

携帯会社のキャッシュバックも大きくなっています

今では、携帯会社のキャッシュバックも当たり前のようになってきています。
お店の窓ガラスを見ていると、結構は高額のキャッシュ価格が表示されています。
やはり、このキャッシュバックがある事で、乗り換えをする人がほとんどではないでしょうか。
中には、乗り換えない人からの不満の声などもでてきているようです。
やはり、大手の会社ソフトバンク、au、ドコモをずっと愛用していきたい人もいるでしょう。
それを考えると、本当に不公平な部分もありますよね、、、、。
どんどんキャッシュバックの金額も大きくなっている事から、総務省がソフトバンク、au、ドコモの3社に対して、あまりにもキャッシュバックの金額を増やさないという忠告もしているそうです。
今では、本当に携帯価格ぐらいのキャッシュバックが付いてきている物もあります。
私は、キャッシュバックがあるので2年に1度は会社を変えています。
しかし、このキャッシュバックがなくなったりしたら、また辛いものですね。
これから、携帯のプラン値下げを総務省が要求をしている中で、キャッシュバックの金額の変化も気になってきそうです。
今ではスマホは手放せなくなっているので、負担だけは増えないようにしてもらいたいです。
au KDDI スマートフォン:スマートフォン製品一覧 | Galaxy

「バッテリーの高温化」に気をつける

「バッテリーの高温化」に気をつけましょう。そもそもバッテリーというものは、化学変化を起こすことで電気を作り出しています。高温になると化学変化に影響が及ぶので、それだけ劣化が進みやすくなってしまうのです。スマホが高温になってしまう場面というのは誰もが経験していることでしょう。充電中には熱くなりますし、ゲーム中に熱くなる経験をした人もいることだと思います。また、何もしないでも炎天下の中車のダッシュボードにスマホを置いておくと、高温になるだけではなくて、スマホ自体が壊れてしまうでしょう。また、今はやりの急速充電ですが、これは通常の充電速度よりも倍以上早いということで人気がありますが、充電するだけでもバッテリー自体に熱を帯びるので、急速充電になるとさらに熱を帯びてしまうのは容易に想像できます。本当に急いでいるときは仕方ないのですが、できるだけ急速充電は避けるほうが無難でしょう。バッテリーを消耗品と考え、劣化したら買い替えたらいいという考えでもいいのですが、やはり長持ちさせたいところです。そうした場合は、電池の状態を頻繁にチェックするのが肝心です。とはいえ、いちいち確認するのは面倒という人は、フル充電になったときや充電するべきタイミングを知らせてくれる専用アプリを使うと便利だです。おすすめはiPhoneアプリの「バッテリーセーバー」と、Androidアプリの「バッテリードクター」です。

中高年にオススメのSoftbankスマホ

最近では若い人だけでなく、中高年の方もスマホを持つようになってきました。どこにいても家族と連絡が取れるというのは大きな安心感につながります。また遠くにいてもお孫さんとテレビ電話ができるといったメリットもあります。そんな中、Softbankが販売している中高年向けのスマホについてご紹介します。その名もシンプルスマホです。中高年の方がスマホを買うと、必ず「ちゃんと使いこなせるのか」という疑問が付きまといます。しかしこのシンプルスマホの場合には、文字の大きな説明書に加えスマホ自体にも使い方ガイドが内蔵されていてコールセンターにもワンタッチで連絡ができるため使い方が分からないという問題を防げます。文字盤も大きく作られているので、使いやすいスマホとなっています。メールを打つのが難しいという年配者のために音声による入力も可能です。アプリも数多く入っていますが、年配者にもわかりやすいようにグループにまとめられており、使いやすくなっています。遠方に住んでいる年配のご両親をお持ちの方などは時々お子さんとご両親をつないであげたいと思うかもしれませんが、そんな時はこのシンプルスマホを検討してもいいかもしれません。

スマホを胸に挟むだけでカップ数が測定できるアプリ登場

最近、意外なことができるスマートフォンアプリが話題を呼んでいます。なんとそれは胸にスマートフォンを挟むだけで簡単&正確なカップ数が測定できるというアプリ…その名も『ChiChi』。下着屋に行けばショップの店員さんがカップ数を測ってくれますが、確かにそれが「面倒臭い」とか「他人に知られるのが嫌だ」という人もいるでしょう。私も下着屋では服を着たまま測ってくれますが、それが正確なサイズなのかちょっと疑問だったんですよね。スマートフォンで正確なバストサイズが計れれば楽ですよね。ChiChiの公式サイトを見ると、「あくまでもヘルスケアなアプリです」と書かれていました。「あくまでも」という部分がちょっと気になりますね。アプリのリリースはまだのようで(2016年1月予定)、現在テスターを募集中とのこと。特にEカップ以上のデータが不足しているそうですよ。試しに測定してみたい!という方はぜひ…しかしここで1つ疑問が。募集要項にはスマートフォン機種の指定がありませんでした。機種はなんでも良いのでしょうか?センサーで測定するのかどうかも分かりません…いろいろと不思議です。何はともあれ、男女ともに(?)リリースされるのが楽しみなアプリですね。
スマホ ギャラクシー

バスルームで楽しめる ハンドソープで洗えるauスマホ「DIGNO rafre」

au(KDDI)は、京セラ製スマートフォン(スマホ)「DIGNO rafre(ディグノ・ラフレ)」を2015年12月11日に発売しました。子育て世代のママに汚れを気にせず使えるスマホです。浅い傷が自然に回復「スクラッチヒーリング加工」を背面にしています。従来の防水機能を強化して、さらにハンドソープで洗うことが可能となっているのです。キッチンでスマホを使用していてレシピを見たり、身の回りの物をキレイに保ちたい、小さい子供のいる家庭などで安心して利用できるというものです。さらに、お湯がかかっても利用できる温水防水対応に加えて、画面が濡れていても操作可能な約5.0型タッチパネルHD液晶ディスプレイを搭載しています。何もしないでそのままでバスルームでインターネットや動画視聴などを楽しめるのです。画面では高強度ディスプレイ「Dragontrail X」を採用しています。背面は日常生活で生じる浅い傷が自然に回復する塗装「スクラッチヒーリング加工」を施しています。OSはAndroid 5.1、メモリーが2GB、内蔵ストレージが16GBです。microSDXC(最大128GB)対応。約1300万画素メイン、約200万画素サブカメラを備えていますのでカメラ機能も標準といってもいいでしょう。IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.1をサポートしていて、バッテリー容量は3000mAhとなっています。気になるボディカラーは、カラーはコーラルピンク、カシミアホワイト、マリンネイビーの3色でこれも主婦受けしそうな明るい色ですね。

Xperia Z5のカメラは予想していたよりすごい

Xperia Z5のカメラは予想していたよりすごかった、という声が多いです。Xperia Z1~Z4のどれよりもワンランクステップアップした感が漂っているのです。カメラ性能のみならずスマホ自体の使い勝手もよくなって、仕様の理不尽さも減少したようです。これまでのXperia Zシリーズはカメラに力は入れているものの、トップは取れてない感が漂っていたのですけど、Xperia Z5で一気にトップを取れるかも、というレベルに達したのは間違いないでしょう。初期状態の「プレミアムおまかせオート」ではなぜか800万画素モードに固定されるという謎仕様が引っ掛かるという声が多かったのですが、それもすぐに解消されています。夜景に強いといいながら暗所ではよくピントを外していたのですが、それも解消されています。これまでは、ちょっと使っただけで「ああこれはフルリニューアルだ」と思わせるデキだったのです。Xperia Z5のカメラ部分。「G」というのはソニーのレンズブランドです。1/2.3型で23M(約2300万画素)と書いてあります。 Xperia Z5で画素数がまた上がりました。今やコンデジでも2000万画素がほぼ上限なのに対して普通は1600万画素前後。1型センサーを積んだハイエンド機でも2000万画素止まりという時代に、約2300万画素というのがすごいですね。
こちら

スマートフォンが熱くなってしまった時の対処法

スマートフォンが熱くなった時に、冷やさないといけないのはバッテリーです。では、バッテリーは、どうやって冷やしたらいいのでしょうか?スマホが熱くなったら、スマホの操作を一旦全て停止して冷えるのを待つ方法が自然冷却です。簡単に言えば放置ということになります。この時にスマホカバーを外したり、電源OFFにしてからバッテリーを外したりするとさらに早く冷却することができます。防水スマホだからといって冷水に入れるなんてことしてはいけません。稼働中のアプリが多いとそれだけバッテリー消費が増えますし、発熱の原因になります。そのため、使わないアプリは、こまめに終了させることが肝心なのです。バックグラウンドで動いているアプリもありますので、アプリをメニューボタンから終了して、さらにタスクマネージャーから不要なアプリを終了させることで対処するようにします。バッテリーを新しいのに変えたり、冷却グッズを使っても発熱が改善されない場合があります。その場合は保存されているデータが悪影響を与えて、発熱している可能性が考えられるのです。初期化すると本体に保存されたメールや写真・動画などのデータは、すべて消えてしまいますから、バックアップを行なってから「初期化」するようにしましょう。

“ドコモスマホXperiaZ5 比較”

ドコモ スマホ iPhone6s Xperia Z5は一体どっちが買いなのでしょうか。アップル対ソニーの戦いです。ソニーは一時期落ち込んだものの、なかなか現在頑張っているようですよ。しかしiPhone6Sは堂々たる貫禄です。
後もうちょっとなのに、iPhone6Sに追いつけないと言う声も何処からか聞こえて来ます。
XperiaZ5をあまりおすすめ出来ない理由はなんなのでしょうか。スマートフォンをがんがん使用する人たちにとって、バッテリーの持ちはとても大事なポイントです。比較してXperiaZ5の方が圧倒的に電池の持ちがいいと言います。Xperiaにはスタミナモードという機能があり、更に電池持ちを良くする方法があります。
それでもXperiaZ5がおすすめ出来ない理由は、メモリリーク問題です。アプリが終了しても、 タスクキラーでメモリを開けたとしても、スマホ メモリがどんどん累積して、動作が遅くなってしまう現象です。気がつけば、机が満杯になってしまい、スマホを再起動するしか方法がないと言う始末に。
スマホ

キャリアによって違うアフターサービスの内容

iPhone 6s及び6s Plusの発売から早2ヶ月が経ちましたね。購入した方はもう使いこなしていることでしょう。しかし人間というのは慣れてくると扱いも損沢になるもの…落としてしまったり、どこかに置き忘れてしまって紛失したという方も中にはいるでしょう。そこで重要になってくるのがアフターサービスですよね。購入する時はそんなに気にしないものですが(まさか自分が壊してしまったり失くしてしまったりするとは考えないものですからね)、キャリアによってiPhoneのアフターサービスの月額利用料や内容が違っているんですよ。Docomoのアフターサービスは、月額1047円(初回最大31日間無料)の「あんしんパック」になります。補償範囲は「購入から1年超の自然故障・全損・紛失・盗難・水ぬれ・故障・破損」で、利用は1年間2回までとなっています。auのアフターサービスは、月額401円(初回30日間無料)の「auスマートパス」。補償範囲は「水ぬれ・その他偶発の事故による全損・一部破損」で、修理代金(最大で1万円)を2年間で2回までサポートしてくれるそう。SoftBankのアフターサービスは、月額702円の「あんしん保証パック(i)プラス」になります。補償範囲は「保証期間外の故障・バッテリーの消耗・水ぬれ・破損・全損・紛失・盗難・メモリデータ復旧」です。この他にもキャリアによってサポートされる内容はマチマチ。壊したり失くしたりする前に自分のiPhoneはどのようなアフターサービスを受けられるのか事前に確認しておきたいものですね。