エッジセンス2を搭載「HTC U12+」

“2018年夏モデルとして話題のHTC U12+ですが、HTC U12+には以下の特徴、スペックがあるため、今でも話題のAndroid端末となっています。
HTC U12+の特徴からとなりますが、HTC U12+は、HTCの最新フラグシップモデルとして販売されているため、最新フラグシップモデルとしての性能を誇っています。その中には、「エッジセンス2」と呼ばれている、HTCオリジナル機能も搭載されているのです。
エッジセンス2は、スマホ本体を握った際に、設定されている動作をスマートフォンが行うというユニークな機能です。握るだけで動作するため、より便利なスマートフォンを求めている人ほど、HTC U12+を評価しています。
しかもHTC U12+は、スペックが「CPUはSnapdragon 845、2.8GHz+1.8GHzのオクタコア」となっており、しかも「ストレージは128GB、メモリが6GB」のため、動作が重くなる心配はほとんどありません。”

長年の技術を集積した「SONY Xperia XZ3 SO-01L」

“すでにSONY(ソニー)は、テレビブランド「ブラビア」を通じて、テレビ画面など、ディスプレイの開発技術が惜しみなく進展しています。
そんな技術が今では、Android端末のSONY Xperia XZ3 SO-01Lに注ぎ込まれているのです。具体的にどのような面で優れているのかというと、SONY Xperia XZ3 SO-01Lは、6インチ有機ELディスプレイが採用されている、話題のHDR対応となっているだけでなく、SONYならではの色彩、コントラスト、解像度にも優れた高画質がアプローチされているのです。
そのためSONY Xperia XZ3 SO-01Lは、世界レベルの美しい映像を求める人から評価されている、Android端末の1つとなりました。他にも優れているところは多く、音響についても、CD音源よりも高音質とされているハイレゾ音源に対応しているのが、SONY Xperia XZ3 SO-01Lの大きな特徴でしょう。
メモリが4GB、CPU「SDM845」も搭載されているため、マルチタスクをこなす際にも活躍してくれます。”参照先URL

スマートフォンの「FTJ161A-Musashi」

“物理ボタンを搭載した2つ折り型スマートフォンとなっており、大画面液晶ディスプレイや高性能カメラなどを搭載しているスマートフォンが「FTJ161A-Musashi」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはブラック、ホワイト、シャンパンゴールドの3色が用意されており、ボディサイズは幅約63ミリ、高さ約123ミリ、厚さ約17ミリ、重さ約198gです。
CPUはMT6735MクアッドコアプロセッサでメモリはRAMが1GB、内蔵ストレージは8GBで最大128GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約4インチでバッテリーは取り外し可能な2000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラは約800万画素のメインカメラと約200万画素のインカメラが搭載されています。
このようなスマートフォンはLTE高速通信に対応していますのでインターネットなどがストレスなく快適に楽しむことができるでしょう。”

安定性抜群の「HUAWEI P20 Pro」

“HUAWEI P20 Proは以下のスペックが設けられているため、今でも人気の機種として販売されています。
HUAWEI P20 Proの大まかな仕様ですが、発売日は2018年6月15日と古いのですが、今でも最新機種に比類するほどの性能を誇っているため、今のような人気を得ているのです。一括価格や約10300円、分割価格の場合は約430円の24回払いとなりますので、ほぼ負担無しで持てるスマートフォンの1台であるのは確かでしょう。
補足となりますが、キャンペーン申し込みは「オンラインショップSPECIAL特典」、「月々サポート」を併用しないといけません。
HUAWEI P20 Proだけの特徴では、トリプルレンズを業界初で備えることに成功しました。他にもLeica監修レンズという、「プロ並みの写真を撮ることができるレンズ」を採用しているのです。
しかもHUAWEI P20 Proは、デジタルカメラのような横持ちによる写真撮影も可能です。”