スマートフォンの「AQUOS SERIE SHL23」

“優れた省エネ性能を誇る大型液晶ディスプレイを搭載し、ゲームやアプリも快適に楽しめるハイパフォーマンスなCPUや安心の大容量バッテリーなども搭載しているスマートフォンが「AQUOS SERIE SHL23」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されており、ボディサイズは幅約70ミリ、高さ約140ミリ、厚さ約9.2ミリ、重さ約145gという薄型軽量コンパクトサイズです。
CPUはMSM8974クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBで64GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約4.8インチIGZO液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは3000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
このようなスマートフォンには、明るいレンズや高速オートフォーカスがついた約1630万画素のメインカメラと約210万画素のインカメラが搭載されています。”

スマートフォンの「AQUOS R3 SH-04L」

“圧倒的な表現力と省エネに優れた見やすい大型液晶ディスプレイを搭載し、躍動感のある写真が綺麗に撮れる高性能カメラや快適な操作性が長時間続く高性能CPUなども搭載しているスマートフォンが「AQUOS R3 SH-04L」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはラグジュアリーレッド、プラチナホワイト、プレミアムブラックの3色が用意されており、ボディサイズは幅約74ミリ、高さ約156ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約185gです。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン855オタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBで最大512GBまで増やすことが可能です。
ディスプレイは約6.2インチTFT液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは3200mAh大容量バッテリーが搭載されています。
こうしたスマートフォンには、超広角レンズや電子式手ぶれ補正がついた約1220+約2010万画素のメインカメラと約1630万画素のインカメラが搭載されています。”https://www.galaxymobile.jp/explore/hint/galaxy-wireless-charger/

スマートフォンの「AQUOS CRYSTAL X」

“フレームレス構造を採用しているので大迫力な映像を楽しむことができ、長時間楽しめる大容量バッテリーなども搭載しているスマートフォンが「AQUOS CRYSTAL X」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイト、ブラック、メタリックシルバーの3色が用意されており、ボディサイズは幅約73ミリ、高さ約139ミリ、厚さ約11ミリ、重さ約157gです。
CPUはMSM8974ABクアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBで32GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約5.5インチフルHD液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは急速充電に対応している2610mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはオーフォーカスがついた約1310万画素のメインカメラと約210万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンは未来を感じさせる上質なデザインが特徴となっています。”

スマートフォンの「KC-01」

“雨の日でも安心して使用できる防水機能やホコリに強い防塵機能がついており、多彩なカメラ機能やスマートソニックレシーバーなどの便利な機能もついているスマートフォンが「KC-01」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されており、ボディサイズは幅約64ミリ、高さ約127ミリ、厚さ約11ミリ、重さ約133gといった薄型軽量コンパクトサイズです。
CPUはMSM8926クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは8GBで32GBまで増やすことが可能です。
ディスプレイは約4.5インチTFT液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは2000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはHDR機能がついた約800万画素のメインカメラと約200万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンには、騒がしい場所でも聞き取りやすいスマートソニックレシーバーがついています。”

スマートフォンの「g05」

“傷つきにくい大型液晶ディスプレイを搭載し、飽きがこないシンプルデザインや持ちやすいスリムボディになっているスマートフォンが「g05」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはイエロー、ホワイト、ブラックの3色が用意されており、ボディサイズは幅約67ミリ、高さ約142ミリ、厚さ約7.2ミリ、重さ約140gという薄型軽量コンパクトサイズです。
CPUはMSM8939オタクコアプロセッサでメモリはRAM3GB、内蔵ストレージは32GBです。
ディスプレイは約5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは安心の2500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラは手ぶれ補正やオートフォーカスがついた約1300万画素のメインカメラとパノラマモードやフラッシュライトがついた約1300万画素のインカメラが搭載されています。
このようなスマートフォンには指紋認証センサーや眼セキュリティ認証などの安心機能もついています。”参照先URL

スマートフォンの「AQUOS Xx-Y」

“持つことに満足を感じられるメタルフレームを採用し、ミラーコーティングで高級感触れる背面デザインや鮮やかな表現力の大型液晶ディスプレイなども採用しているスマートフォンが「AQUOS Xx-Y」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはアンバーブラック、ホワイト、レッドの3色が用意されており、ボディサイズは幅約79ミリ、高さ約146ミリ、厚さ約8.7ミリ、重さ約168gです。
CPUはMSM8994オタクコアプロセッサでメモリはRAM3GB、内蔵ストレージは32GBです。
ディスプレイはEDGESTデザインを採用した約5.7インチフルHD液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは安心して使用できる3000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
こうしたスマートフォンのカメラは光学式手ぶれ補正がついた約1310万画素のメインカメラと広角レンズがついた約500万画素のインカメラが搭載されています。”

画像を沢山保存するなら「ROM」をチェック!

カメラ機能を重視して選びたい方には、カメラの画素数だけでなく「ROM」数値も確認しておくと安心です。ROMとは、画像や動画を撮った時にどのくらい保存できるのかといった内蔵メモリを表す数値です。基本的に32GBあれば十分ですが、毎日のように動画を撮影される方、4K画質の写真を撮ることが多い、という方には64GBや128GBといった大きな容量をおすすめします。保存できるか気になって写真や動画を楽しめない、ということがないように事前に確認しておくと安心ですね。またandroidスマホなら、microSDカードを差し込むことで保存することも可能ですが、中には対応していない機種もあるので購入前にしっかり確認しておきましょう。おすすめは、HUAWEI Mate 20 ProのROMが128GBのスマホです。ただしROM数が大きくなると、それだけ保存できる容量が増えるために端末本体の値段も高くなります。128GBあると8万円を超えるものも多いので、価格もよく確認しておきましょう。

エッジセンス2を搭載「HTC U12+」

“2018年夏モデルとして話題のHTC U12+ですが、HTC U12+には以下の特徴、スペックがあるため、今でも話題のAndroid端末となっています。
HTC U12+の特徴からとなりますが、HTC U12+は、HTCの最新フラグシップモデルとして販売されているため、最新フラグシップモデルとしての性能を誇っています。その中には、「エッジセンス2」と呼ばれている、HTCオリジナル機能も搭載されているのです。
エッジセンス2は、スマホ本体を握った際に、設定されている動作をスマートフォンが行うというユニークな機能です。握るだけで動作するため、より便利なスマートフォンを求めている人ほど、HTC U12+を評価しています。
しかもHTC U12+は、スペックが「CPUはSnapdragon 845、2.8GHz+1.8GHzのオクタコア」となっており、しかも「ストレージは128GB、メモリが6GB」のため、動作が重くなる心配はほとんどありません。”

長年の技術を集積した「SONY Xperia XZ3 SO-01L」

“すでにSONY(ソニー)は、テレビブランド「ブラビア」を通じて、テレビ画面など、ディスプレイの開発技術が惜しみなく進展しています。
そんな技術が今では、Android端末のSONY Xperia XZ3 SO-01Lに注ぎ込まれているのです。具体的にどのような面で優れているのかというと、SONY Xperia XZ3 SO-01Lは、6インチ有機ELディスプレイが採用されている、話題のHDR対応となっているだけでなく、SONYならではの色彩、コントラスト、解像度にも優れた高画質がアプローチされているのです。
そのためSONY Xperia XZ3 SO-01Lは、世界レベルの美しい映像を求める人から評価されている、Android端末の1つとなりました。他にも優れているところは多く、音響についても、CD音源よりも高音質とされているハイレゾ音源に対応しているのが、SONY Xperia XZ3 SO-01Lの大きな特徴でしょう。
メモリが4GB、CPU「SDM845」も搭載されているため、マルチタスクをこなす際にも活躍してくれます。”参照先URL

スマートフォンの「FTJ161A-Musashi」

“物理ボタンを搭載した2つ折り型スマートフォンとなっており、大画面液晶ディスプレイや高性能カメラなどを搭載しているスマートフォンが「FTJ161A-Musashi」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはブラック、ホワイト、シャンパンゴールドの3色が用意されており、ボディサイズは幅約63ミリ、高さ約123ミリ、厚さ約17ミリ、重さ約198gです。
CPUはMT6735MクアッドコアプロセッサでメモリはRAMが1GB、内蔵ストレージは8GBで最大128GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約4インチでバッテリーは取り外し可能な2000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラは約800万画素のメインカメラと約200万画素のインカメラが搭載されています。
このようなスマートフォンはLTE高速通信に対応していますのでインターネットなどがストレスなく快適に楽しむことができるでしょう。”