simpleaf (手書きメモ)アプリ

simpleaf (手書きメモ)アプリの特徴です。オーバーレイ機能によって、現在の画面を半透明にしてメモを取れます。書いたメモをメールアプリやEvernoteに送信できるようになります。消しゴム機能では、書いた線1本単位で消していくことができるのです。メモ帳アプリを開けずに、今見ている画面の上に直接メモできるのです。スマホの上に直接ペンで書いているかのような感覚を得られるといった、実に高機能な手書きメモ帳なのです。メモ帳としてのノートの上にメモを取ることもできますが、何より凄いのはオーバーレイ機能で、Webブラウザを開いている状態や他のアプリを開いている状態でも手書きメモが取れることです。書いたメモはメールやEvernoteに送れるので、アイデアやタスクをサッとメモして後で整理するのに使えるでしょう。また、消しゴムの機能は指でなぞったところが片っ端から消えていくわけではなく、自分の書いた線1本1本を選択して消すことが可能です。消したい線だけをピンポイントで選んで消せるので、画面が汚くなることもありません。アプリのアイコンも含めて見た目はシンプルですが、とても高機能な手書きメモアプリです。ぜひ試してみてください。

Xperia X Compactの発売はドコモ版SO-02Jのみ

「Xperia X Compact SO-02J」は、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のNTTドコモの2016年冬モデルでビジネス向けモデルとしても発売されています。ソフトバンクやauからも「Xperia XZ」は発売されるが、「Xperia X Compact」はドコモだけで取り扱われます。月々サポートを適用した際の実質価格は、MNP・新規・契約変更・機種変更問わず、2万円台半ばとなる見込みです。「Xperia X Compact SO-02J」は約4.6インチのディスプレイを採用するAndroid 6.0搭載スマートフォンで、ペットネームが「XZ」「X」と若干異なるが、ストレージやメモリ、カメラ指紋認証センサーなど、共通する部分も多いです。その一方で、チップセット(CPU)や解像度、LTEの通信速度などが異なります。なお、ドイツ・ベルリンのIFAで発表されたグローバル版は防水・防塵に非対応だったのですが、ドコモ版はIPX5/8、IP6Xの防水・防塵仕様となります。筐体などはグローバル版とほぼ同一だが、ドコモ版は正式に試験を行い、対応をうたっているということです。「Xperia X Compact」は、側面のループ形状は同等の仕上げにしつつ、側面は樹脂素材に多層コーティングを施しました。樹脂素材の上にまず白い塗料、その上にシルバー、その上からボディカラーを塗ります。最後に光沢塗装で、艶を出し、指紋がつきにくい効果もあわせて与えているのです。

ソニー、5.5型スマホに「4K HDR」液晶搭載。スマホ初の960fpsスロー撮影にも対応した旗艦「Xperia XZ Premium」正式発表

Sony MobileはMWC2017においてスマートフォン「Xperia XZ Premium」を正式発表しました。最大の特徴は4K HDR液晶の搭載です。5.5型の液晶ディスプレイながらも、解像度は2160 x 3840ピクセルを実現しています。Xperia Z5 Premiumも4K解像度のディスプレイを搭載していましたが、普段はFHDモードで稼働しており、大した意味はありませんでしたが、今回は違います。Amazonとの提携によりAmazon Videoの4K HDRコンテンツを楽しむことができます。HDRとはハイダイナミックレンジ合成の略称。対応コンテンツであれば、映像の輝度までをもディスプレイ上で再現し、優れたコントラスト、ディテール、カラーで迫力と精細感のある映像を楽しめます。スマホとしては最新OS Android 7.1と最新最上級SoC Snapdragon 835搭載。これにより1Gbps LTEにも対応。筐体は防水防塵。カメラはMotion Eyeに対応。カメラスタックにメモリを内蔵し、スマートフォン史上初のソニーのデジタルカメラのごとき「960fpsスローモーション動画撮影(解像度は720p)」にも対応する充実ぶりです。水の滴り落ちる様子、噴水、鳥が飛び立つシーンをよりドラマチックに撮影できるでしょう。

バーチャルリアリティを「GP VR18 3DVRゴーグル」で楽しもう

スマートフォンで360度のバーチャルリアリティを楽しむにはVRゴーグルを用意しなければいけません。
そのVRゴーグルは様々な種類が発売されていますが、最近注目されているのが「GP VR18 3DVRゴーグル」です。
このVRゴーグルは4インチから6.5インチのディスプレイサイズに対応していますので、ほとんどのスマートフォンを使用することができるでしょう。
また、顔と接する部分には保護マットが付いていますので長時間使用しても痛くなることがありませんし、頭部を固定するベルトも調節することができますので不安を感じることなく集中することができますね。
それに、散熱性に優れていますのでスマートフォンの熱をしっかり逃がすことができますし、自分の熱による蒸れなども逃がすことができますので快適に楽しむことができるでしょう。
激しい動きでもスマートフォンが外れないように、しっかりクランプできるボードが付いていますので安心ですね。
重さは約263gになっていますので、子供や女性が長時間使用しても疲れにくいと思います。
このようなVRゴーグルは歪みが少ないバーチャルリアリティを楽しむことができますので、これからVRゴーグルを購入する人は使用してみてはいかがでしょうか。 ウェアラブル – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

auが9.7型iPadの価格を発表 32GBモデルは6万480円

KDDIと沖縄セルラー電話が、新型の9.7型「iPad」の価格を発表しました。au直営店とau Online Shopでは、32GBモデルが6万480円(税別、以下同)、128GBモデルが6万8400円となります。販売は、全国の「iPad取扱店」に指定されているau取扱店と、au Onlie Shopで行うとのことです。 au直営店とau Onlie Shopでの販売価格は以下の通り(いずれも税別)です。タブレット単体で利用する場合の「毎月割」は24回設定で、容量を問わず月額2520円(総額6万480円)で、24カ月利用時の実質負担額は32GBモデルが0円、128GBモデルが7920円となります。auスマートフォンとセットで利用する「iPad+タブレットプランds(3年契約L)」の場合の毎月割は原則として36回設定で、容量を問わず月額1080円(総額3万8880円)となります。32GBモデルでは、さらに「ぐっとiPadおトク割」が適用されるので、1万6200円が割り引かれる。これらの割り引きを適用した後の実質負担額は、32GBモデルが5400円、128GBモデルは2万9520円となります。

スマホ音楽が車で気軽に楽しめます

今ではワイヤレスを使ってスマホ 音楽を楽しめるようになってきています。
ワイヤレスを使うことでストレスなく音楽を聴くことができるのです。
音楽をこれからより楽しみたい方におすすめの商品があります。
それは、「ワイヤレスFMトランスミッター」なのですが、なんと1台で3つの役目を果たしてくれるようです。
ハンズフリー通話ができたり、音楽を聴いたり、充電ができたりするのです。
これだけ有能だと購入をしてよかったと思える商品だと思います。
ハンズフリー通話ができるようになれば結構便利なものですよ。
忙しい方などは特にこのような機能は嬉しいですね。
この1台があれば、よりスマホも便利に活用をしていけそうです。
USBポートが付いているので、充電ができるようになっています。
なんと、2つ付いているので同時充電だって可能になりますので、これは1台あれば助かることも多くなってくるのではないでしょうか。
車で音楽を気軽に楽しむ事もできるようになっています。
運転中はどうしても操作をするのが大変になるので、こういったワイヤレスで使用できる商品がおすすめです。
運転だってこれから楽しくなってくるかもしれませんね!

SIMフリースマホが故障した場合の対処法

ドコモなどの大手キャリアのスマートフォンが故障した場合、大抵の人はキャリアショップに行くでしょう。しかしSIMロックフリーのスマートフォンが故障した場合の対処法となると、どうすればいいのか分からないという方が多いと思います。大抵の場合は、スマートフォンの取扱説明書や保証書などに記載されているサポートセンターなどの連絡先に電話をすることで、対応してもらえるそうですよ。またSIMロックフリー端末を販売しているメーカー各社はホームページでもサポートに関する情報を公開しています。困ったことがあったら、まずコチラを訪れてみましょう。ただし「gooのスマホ」シリーズは、機種ごとにZTEやシャープ、コヴィアとそれぞれ開発メーカーが違うため、問い合わせ先も違ってくるそう。注意が必要です。またメーカーによっては、メールやチャットでの問い合わせも可能ですよ。FREETELはメール、HuaweiとASUSはメールとチャット、ZTEは専用ウェブページから連絡できるそう。更に実店舗があれば、持ち込んで修理可能な場合もあります。例えば東京都神田のASUSフラッグシップストアなら、購入後14日以内であれば、販売元で交換してくれるという。ただいくら持ち込み可能といっても、店舗で即解決できるとは限らないことだけは覚えておきましょう。

オンキヨーが作った史上最高音質のスマホ『GRANBEAT』のお手並み拝見

70年以上の歴史を持つ日本のHi-Fiオーディオブランドであるオンキヨーが、ハイレゾスマホ“GRANBEAT”こと「DP-CMX1」を2月下旬から発売すると発表しました。今やスマホでハイレゾ音源を聴けるのは当たり前ですが、オンキョー&パイオニアイノベーションズの宮城謙ニ代表取締役社長によれば、「ミュージックラバーの皆さんは、今までのスマホの音質では満足できないかもしれません。我々の発売するハイレゾプレイヤーなど、さらに音を追求する方も多いようです。そういう方に聴いていただきたいスマホです」とのことで、明らかにオーディオマニアをターゲットにする突き抜けた製品です。GRANBEATの商品コンセプトは、スマホで一番良い音を作りたい、ということです。ただ、これはオーディオマニアの目線で考えると、オンキヨーは既に2015年秋からアンドロイドOS搭載の「DP-X1」とマイナーチェンジ版の「DP-X1A」を発売済みなので、高音質のスマホを新たに作るのではなく、既にある高音質のアンドロイドOS端末をベースに同じ音質を実現しようとした、オーディオ機器初のスマホ化開発と捉えられます。製品説明の内容も、相当にマニアックなものでした。GRANBEATはPCM384kHz/24bit、DSD 11.2MHzという再生音源のファイル形式など、音声フォーマット面で最高峰を当たり前のように実現しているのです。

多彩ですね~

auのスマホの新機種、順調のようですね。1月20日発売のジュニア向けスマホmiraie fから、2月3日発売のAQUOS SERIE mini、そして来月の上旬以降に発売が予定されているrafreKYV40。auのサイトのスマホのページではこの3つの機種が紹介されています。

miraieは初めてスマホを持つジュニア向けで、インターネットを使用しても有害サイトや危険なアプリをブロックなど危険を未然に防いでくれますし、ネットの使い過ぎも防止してくれます。AQUOS SERIE miniはその手になじむジャストサイズが女性に受けていて、発売以降順調な売れ行きのようです。rafre KYV40は前機種よりさらに洗える性能を強化。泡のソープでもとうとう洗うことができるようになったそうですよ。

おすすめのauスマホ、あなたに合うのはどっち? | Galaxy

『スーパーマリオラン』の課金方式に厳しい声

昨年12月にリリースされた任天堂初の本格的なiPhone向けアプリ『スーパーマリオラン』。もうプレイしてみたという方も少なくないでしょう。実際リリースから4日間でダウンロード数が4千万を記録するなど順調のよう。スーパーマリオランの特徴は何と言っても1200円の定額制にあります。スタートからあるステージまでは無料で遊べるのですが、そこから先は1200円かかるという仕組みなんです。知らないうちに高額をつぎ込んでしまうガチャ課金方式とは違い、子供でも安心して遊べるそうですよ。しかし熱心なファンからは「無料で遊べるステージが少ない」とか「1200円という値段が高い」といった批判的な意見も少なくないよう。少しずつ課金して満足度を高めるガチャ課金方式と違い、一気に1200円も払わなくてはいけないスーパーマリオランに慣れてない分、抵抗を感じるのかもしれませんね。任天堂は、今後も『ファイアーエムブレム』『どうぶつの森』を3月末までにリリースする予定です。定額制にするのか?ガチャ課金方式にするのか?どういった課金方法にするのかはまだ明かされていませんが、競争が激しいスマホ向けゲーム業界だからこそ、任天堂らしい新しい遊び方を私たちユーザーに提案して欲しいものですね。スマホ電池を長持ちさせる方法