“ウェアラブルの利便性 “

ウェアラブルは利用者に対して常に情報提供ができること、利用者の状態を常に記録できること、そして外部のコンピュータとの連携がとれることが可能だ。具体的には、現在地周辺の情報、例えばお店の情報や道案内などの提供ができる。利用者の健康状態やその日1日の行動記録が可能な点はウェアラブルならではの利便性だ。即座に自身の心拍数や体温を常に確認することができるウェアラブルは健康管理に気を配っている方におすすめだ。また、1日の歩数や走った距離を測定・保存することができるウェアラブルはスポーツマンにとって最適のデバイスと言えるだろう。ウェアラブルの情報はスマートフォンやコンピュータと同期することができるため、大きい画面で情報の確認や管理ができる点も魅力となる。見た目からすると、男性向けの印象を与えるウェアラブルは女性には不似合いだと思われるかもしれない。しかし、即座に自身の健康状態を確認することができるウェアラブルは美容や健康管理に最適だ。質の良い睡眠や健康管理はもちろん、ダイエットにも効果的な機能など魅力満載で、最近ではデザインを重視したウェアラブルデバイスも登場しており、時計タイプのウェアラブルの場合は、その日の服装に合わせて画面の待ち受けを変更することができ、お洒落も楽しむことができる。そういさった意味でもこれからは女性をターゲットとした製品も増えてくることだろう。

スマホでデザインができる面白さ!

スマホのデザインなのですが、ちょっと面白いアプリを発見しました。
それは、スマホでデザインをしてアクセサリーの販売ができるというものなのです。
「monomy」というマーケットなのですが、自分でスマホで作成をしてその収益をもらえるといった形になるのです。
スマートフォンで、簡単にパーツを組み合わせて、アクセサリーを作ることができるようになるのです。
アクセサリーを自分でデザインができるのも面白いのですが、その収益を貰えるってより面白いなと感じました。
自分でデザインを試してみたいと思っている人にはおすすめです。
自分のブランドといった形で、販売できるようになるため、かなりいいものだなと感じます。
またお店などを持つことなく、自分のアクセサリーが販売できるのもメリットですよね。
在庫を持つことなく、すべてフォローをしてくれるので、スマホでデザインをするだけでいいのです。
スマホのアプリを使えば本当に簡単にデザインができるようになります。
アクセサリー、ピアス、ネックレスなどなどさまざまなものを作ることができるようになりますよ!
また、売上もどのようになってくるのか楽しみになりそうです。Galaxy タブレット | au KDDI アンドロイド タブレット

アンドロイドの機種変更をするなら、バクアップ機能を有効に。

AndroidのOSがAndroid6.0になり、今まで古いOSだった人も新しいOSにアップデートが配信されるようになりました。

新しいOSになるということはいろいろな機能が改善したり、変わったりしたということですが、その中でバックアップの機能が改善をしたそうです。

Android5.0にもあったバックアップ・リストア機能というものがありましたが、その機能が拡充したんです。

旧バージョンでは「Andoroid Backup Service」という仕組みによってなるもので、バックアップできるものはGmailやグーグルカレンダーの設定、Wi-Fiの設定やホーム画面の壁紙など。

Googleplayからダウンロードしたアプリもバックアップ対象ではあったのですが、アプリ側できちんと対応していないとバックアップ機能はアプリでは使えませんでした。

これが6.0では改善して、OSの処理だけで、24時間ごとにアプリの設定やデータを自動バックアップしてくれます。

バックアップする場所は設定したGoogleドライブで、この容量はデータサイズが25MBまでのアプリで、それ以上超過するとバックアップはされません。

せっかく便利になった機能。ぜひ設定をしておきましょう。

設定方法は設定から端末管理、バックアップとリセットの中にあるデータのバックアップをオンにするだけ。

幾つか制限もあるが、そのうち、特に問題なく使えていくであろうという部分にはなります。

ぜひ新しい機能をきちんと設定しておきましょうね。

スマホのバッテリーに関する参考記事はこちら

“スマホ充電の駆け込み寺 “

スマホ充電で、いろいろピンチの体験をした人たちもいらっしゃるのではないでしょうか。そんな時に、街角の充電スポットを知っていれば、非常に役立ちます。街には、いろいろみなさんのトラブルを救ってくれるスポットがあります。

一番手軽な方法は、各キャリアのショップに飛び込めばいいのです。駆け込み寺のように駆け込んでいただきたいと思います。キャリアこそが、救いの主なのです。やっぱり、主とはdocomo、au、SoftBankのことなのです。

そして、大型家電量販店というのでも全然OKです。いつも、たくさん家電を購入してくれるお客様を感謝して、このようなサービスをお客様に提供してくれています。ネットカフェに飛び込むというのも方法ですし、 カラオケボックス!というのもありではないでしょうか。

ドン・キホーテ、パチンコ屋、まだまだ、あなたのスマホ充電の危機を救ってくれるスポットはこんな感じで一杯存在していたのです。

困った時、堂々と向かって行きましょう。

自信満々で意欲もまだまだ

昨日、経済番組にソフトバンクグループの孫さんが出演されていました。イギリスのアーム・ホールディングスの買収が決まり、「ソフトバンクとアームは、最大のパラダイムシフトになるIoTに挑戦する」と意欲もたっぷりです^^

私はソフトバンクのスマホを利用していないので、ソフトバンクの恩恵は何も受けていないのですが^^興味はすごくありますね。このアームの買収も実は10年ほど前から計画していたそうです。異業種だからこそ、この会社の買収ができた。3兆円を上る買収額もお買い得だった!と言っていましたからね^^キャスターは孫さんの話しを聞いて首をかしげることもしばしばでしたが、あのように数十年先のことを見据えて学生のころから仕事をしてきた人にとって、現在どのような批判や批評を受けたとしても何の支障も無いんだろうな~~と感じましたね。

また、電撃的とも言える副社長の退社に関しても、今後10年は自分が社長としてやっていく、と。アームの買収を実現したかったことも、この副社長の退社と関連があるような・・そんなにおいも感じましたね。

これから世界的にIoTが進んでいく社会で、是非、日本からそのプラットフォームを作り、世界一の企業となって欲しいものです。

Pokemon Goに最適な スマホ

コスト3分の1で利用カンタン、ドコモが提案する新しいコインパーキングとは

NTTドコモは6月13日に実証実験を開始し「docomoスマートパーキングシステム」の報道関係者向けデモンストレーションを実施しました。「docomoスマートパーキングシステム」は、駐車スペースの路面に車を検知するセンサーを設置することで、時間貸しの駐車場(コインパーキング)を安価に実現できるシステムです。コインパーキングで主流となっているのは、フラップ板と精算機を設置するシステムです。一方を、「docomoスマートパーキングシステム」では、フラップ板も券売機も設置せず、センサーとゲートウェイを設置して、クラウド上で入出庫を管理します。決済をクレジットカードで行うのも特徴となっています。駐車場の利用者にとっては、従来型のコインパーキングより便利に利用できる。スマートフォンのアプリなどから近くの駐車場の事前予約(取り置き)をして、駐車場に入庫する際にアプリで「チェックイン」をすると決済されるとのことです。車の出庫時には手間のかかる精算手続きがなく、そのまま出庫するだけで、利用時間分の料金がクレジットカードから引き落とされるようになっているのです。この利用アプリのイメージは、近くの駐車場を地図から予約して、駐車したチェックインするという流れとなっています。出庫時は手続き不要、そのまま出発するだけで決済されます。

スマホが熱くなった時に冷却するための対処法

スマホが熱くなった時に冷却するための対処法。①すぐに使用をやめる。スマホは使用し続けるほど、内部の機械が稼働することになりますから、それだけ発熱することになります。そのため、熱くなった場合には、すぐに使用をやめるようにします。そのまま使用し続ければ、さらに高温になってスマホの寿命を縮めてしまう可能性が高くなるからです。特に、ゲームはつい長時間やってしまうことが多いです。しかし、最近のスマホゲームは高グラフィックで重い処理が必要となっているので、それだけ機械がフル稼働して発熱しやすいものとなっているのです。それを長時間やれば、さらに高温になってしまって、確実に本体や寿命の劣化・故障となります。スマホの長時間の使用は自分の健康にも色々と悪影響を及ぼすので、自分のためにもスマホのためにもほどほどにするようにしましょう。②熱が加わらないところに移動する、気温が高かったり、直射日光に当たって高温になってしまう場合には、熱が加わらない涼しい場所へ移動するようにします。スマホを放置する際には、特に注意が必要となります。直射日光にずっとあたり続けるような場所に置いておけば、それだけ熱くなってしまうので劣化の原因となるからです。

実は「デュアルSIM」仕様です

VAIO Phone BizはSIMロックフリーの状態で販売されます。通信に必要なSIMカードは別途用意する必要があるのです。公式の仕様では、microSIMカードに対応していることになっている。VAIOが公式に動作確認しているのは、以下のmicroSIMカードです。
・NTTドコモ(ISPは「spモード」「mopera U」に対応)
B・IGLOBE SIM
・楽天モバイル
・IIJmio
O・CN モバイル ONE
ドコモのSIMカードを挿入すると、上記の事業者を含めて30個の接続先情報(APN)がプリセットされます。ドコモ純正のISPはもちろん、ドコモ回線を利用する主要なMVNO(仮想移動体通信事業者)をしっかりフォローしています。もちろん、ここに記載されていないMVNOでも、APNを手動で追加することができます。通話定額やシェアパックを目当てにドコモ純正回線を使うも良し、月額料金を抑えるためにMVNOの「格安SIM」で使うも良しという感じです。ただし、「データ通信専用」かつ「SMS非対応」のSIMカードを利用する場合は、W-CDMA(3G)エリアでアンテナピクトを正しく表示できないことに注意しましょう。

「格安SIM」18サービスの実効速度を比較。夕方は「DTI SIM」が下り平均6Mbps台でトップに

「格安SIM」18サービスの実効速度を比較。夕方は「DTI SIM」が下り平均6Mbps台でトップに。夕方になると横浜駅周辺は大変混雑してきていて、大型駅らしいにぎわいになり、人ごみであふれていました。待ち合わせの人は1日で最も多く、当然トラフィックの量も増えているはずです。通信速度定点観測。下り平均0Mbps台のサービスは2つです。昼間よりは改善したのですが、全体的な通信速度は伸び悩んでいます。3月はFREETEL SIMが下り平均で20Mbps近い数値を出していたのですが、今回のトップはDTI SIMの下り6.69Mbpsで、10Mbpsにすら至っていません。上りの通信速度のほうが全体的に良い結果となったのです。そんななか下りの通信速度で上位陣を見ると、2位に本家ドコモのmopera Uが入ります。さすがの存在感ですが、下りは平均4.45Mbpsです。3位に下り平均3.51MbpsのNifMo、4位に3.04MbpsのFREETEL SIMと奮いません。ただ、NifMoとFREETEL SIMは3月の測定でも夕方に上位に入っているので、得意な時間帯ではあるのでしょう。ワースト1位はまたもぷららモバイルLTEで下り平均0.56Mbps、ワースト2位にこれまたランチタイムと同じくOCN モバイル ONEが入り、下り平均0.87Mbps。他は下り1~2Mbps台でした。

” スマホ比較 本当に稼ぐことが出来るお仕事  ”

スマートフォンではいろいろな副業が出来ます。しかし、中には、リスクの高いお仕事もあるかもしれません。しっかりスマホ比較して、安全な場所でお金を稼いでいただきたい。スマートフォンだから、私達は、簡単に出来る、すぐに出来る、高額稼ぐことが出来そうなどと、誇大なイメージをわかせてしまうようですが、それほど、現実って、甘いものではありません。

スマートフォンでお仕事をするにしてもスキルが必要になるケースって、非常に多いです。SEOという言葉をみなさんは、ある程度把握しているでしょうか。ネットショップ運営、アフィリエイトには、そのような知識が必要になって来ます。それは、検索エンジン最適化(search engine optimization)を略したものです。コンスタントに多くのアクセスを集めるため、たとえば、このような知識がしっかりと必要になります。

アフィリエイト、ウェブライターというのでも、かなりのライティング技術が必要ですし。