“グリー、低迷期から復活なるか 新規タイトル好調 “

グリー復活なるか――。スマートフォン向けゲームを開発するグリーが8月3日、2017年6月期(16年7月~17年6月)の決算を発表しました。通期としては減収減益となったが、第4四半期にリリースした新規タイトル4本がいずれもランキング20位以内に入る好調な滑り出しを見せ、長い低迷期からの脱出が見える手応えを感じさせたのです。グリーの2017年6月期(16年7月~17年6月)の連結業績は、売上高653億円(前期比6.5%減)、営業利益79億円(43.8%減)、純利益121億円(44.2%増)。業績が悪化していた海外子会社の米Fantasy Legend Studiosの売却など、海外戦略の転換に伴い60億円の特損を計上しますが、投資有価証券売却益や法人税などの減少により、純利益は増加しているのです。「釣り☆スタ」などのWebブラウザゲームで急速に業績を伸ばしたグリーです。しかしスマートフォンへの対応が遅れ、減収減益が続き、15年には赤字に転落するなど業績が急速に悪化していたのです。再び成長するために、14年にWebゲームからネイティブゲームへと転換する方針を発表したのです。

伝説のポケモンを求めて

スマホのゲーム、ポケモンGOでは先月から期間限定の伝説のポケモンが登場しているため、バトルに集中している人達で人だかりになっている場所があるそうです。

スマホの画面にも通知が来ていることがありますよね。「近くの公園にルギアが・・・」のような文章が。最初は私、何ことなのかわからなかったんですよね。ただ、伝説のポケモンがゲットできる!ということしかわからなくて、レイドバトルで複数の人達と一緒になってバトルをすることで、捕まえられる権利を得られる・・ということだったみたいです^^

ちょこちょことアップグレードすることで、一度はゲームから離れてしまった人たちは戻り、今回の伝説のポケモンゲットによってまた戻った人も多いようです。まだまだポケモンGO人気は健在のよう、とあるネット記事にも書かれていました。

ただ、東北以南では毎日真夏日や猛暑日が続いているため、あまりにバトルに集中していると熱中症を発症してしまう可能性も高いので、注意が必要ですよ。

人気ボードゲーム『桜降る代に決闘を』、PC、スマホ両対応でデジタルゲーム化決定

人気ボードゲーム『桜降る代に決闘を』、PC、スマホ両対応でデジタルゲーム化決定です。配信サイトは“にじよめ”です。2017年8月5日、6日の2日間、岐阜県岐阜市の柳ケ瀬商店街を中心に開催されている、ゲームを中心としたエンターテインメントイベント“ぜんため”こと“全国エンタメまつり”です。会場内の“ゲームストリート”では、さまざまなゲームメーカーが試遊台や物販の出展を行っていて、その中には、ゲームメーカーではなく、“ぜんため”関連のチラシなどを置いているブースがあります。BakaFire Partyの人気ボードゲーム『桜降る代に決闘を』の“待望のデジタルゲーム化!!”です。画面写真などはいっさいないのですが、スマートフォンとPC両対応といったアイコンと、エイシスが提供するソーシャルゲームプラットフォーム“にじよめ”で配信予定という情報だけが読み取れます。『桜降る代に決闘を』のデジタルゲーム化は、以前から公表されていたものの、その詳細は明かされていませんでした。チラシの件も含め、詳細を聞こうと思ったものの、ブースには担当者が不在とのこと。コアなファンが多いゲームだけに、詳細が待たれます。
スマートフォンのゲーム

スマホのゲーム「ファイナルファンタジーXV:新たなる王国」とは?

スマートフォンが普及すると同時にスマホゲームで遊ぶ人も増えています。
無料で遊べるゲームが数多くありますのでお得に遊べるということもあって人気を集めています。
自分一人だけではなく色々人とオンラインで繋がることができますし、いつでもどこでも遊ぶことができますので、スマートフォンを持っている人なら誰でも遊びたくなると思います。
それと、スマホゲームの中には脳のトレーニングになるものもありますので子供に遊ばせている人もいますしお年寄りの人も遊ぶことがあります。
そんな幅広い年齢層で楽しまれているゲームですが、その中でも特に話題になっているのが「ファイナルファンタジーXV:新たなる王国」です。
このスマホのゲームは世界中の人とリアルタイムで協力プレイや対戦プレイすることができますし、世界を舞台に自分だけの冒険を繰り広げることもできます。
また、究極のギルドを築き上げて強力な舞台を持つプレイヤーに挑戦し、そこで勝って喜ぶ良さも感じられますのでストレス解消になるかもしれませんね。
このようなスマホのゲームは長時間でも楽しむことができますので良いと思うのですが、熱中し過ぎると体調を崩すこともありますので上手く調整しながら楽しんでください。ゲームに集中できる最高のスマホはどれ!?

スマホゲームの「キャプテン翼~たたかえドリームチーム~」は面白い

スマホのゲームでは色々な漫画が取り入れられていますが、大人気サッカー漫画の「キャプテン翼」を取り入れている大人気ゲームがあります。
このスマホのゲームは「キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~」というゲームタイトルとなっていて、誰でもサッカーを楽しみながらプレイできる対戦型シミュレーションゲームです。
有名な翼君をはじめ、岬くんや日向くんなどが登場しますので、漫画を読んでいた人やテレビで見ていた人は大興奮すると思います。
始めにプレイするのがシナリオモードとなっており、原作のストーリーを体験できますし、キャラクターの声を聞くことができますので色々な楽しみ方がありますね。
また、シナリオモードでは選手やフォーメーションを考えて進めることができますのでサッカーファンならすごく夢中になると思います。
それと、期間限定のイベントや仲間と楽しめるシェアプレイもあります。
試合はAIとの対戦やリーグモード、リアルタイムのオンライン対戦で楽しむことができます。
魅力を感じるのは選手たちが繰り出す必殺技の数々ですね。
このようなスマホのゲームは選手の育成やチーム編成、画面に登場するキャラクターだけでも楽しめるゲームとなっています。Galaxy S8はゲームに最適な端末 | Galaxy

神ゲー・・・

今、どんなスマホのゲームが人気なのかをネットで調べていたところ、ファイナルファンタジーが神ゲーの1位になっていました。

ファイナルファンタジーね。私、スマホじゃなくて家庭用のゲーム機で遊んでいた頃がありました^^厳密には、遊んでいた時もあった・・。正直、よく掴めなかったんですよね。なのですぐに止めて他のゲームに乗り換えしたんですが、世の中の人達はずっとこのゲームを楽しんでいたのかと思うと・・。すごいね^^

そのファイナルファンタジーの記事を読んでると、テレビでもこのゲームのコマーシャルが偶然流れてきました。映像が私が遊んでいた頃とは比べ物にならない(当たり前^^)ほど進化してるんですね~。

ただ、私が電車の中や何かも待合い場所などでスマホを使っている人の画面を覗くと・・あまりゲームしている人って見かけないんですよね。イヤフォンして音楽聴いているか、LINEしているか、ネット検索してニュースなどを見ているか・・。

神ゲーだからって、スマホをしている人の全てがやってるわけではないんですよね^^

実際に聞いてみたい^^

スマホのゲームに文豪とアルケミストというものがあるそうですね。そのゲームの中に登場するのは本当に実在した文豪たち^^そしてその声を誰が担当しているのかということも、ちょっとした話題のようです。

きっと有名な声優さんが文豪たちになりきって声を入れているのでしょうね。こういった実在した人物のアテレコのニュースを聞くといつも思い出すのが、聖徳太子や織田信長などの声を再現しました!といったテレビ番組なんですよね。

残されている資料や肖像画などから骨格を割り出し、そこからきっとこんな声だったのではないか、という推測だけで声が流されていました。すごく異和感があるんですよね^^でもきっと医学的にも正解に近いのだろうから、こんな声だったのかもしれない・・と。。

今回ネットニュースにこのゲームの話題が出ていたのは「新規文豪を先行入手できるイベントを開催いたします。」ということだったんです^^すごいでしょ^^文豪を先行入手できるんですよ。

川端康成が天国でどのように感じているのか、聞いてみたいものです^^

?まだ無かったの

みんなのGOLF・・、ゴルフをしない、家庭用ゲームもしない私でも知っているゲームですが、スマホのゲームとしてはまだ配信されていなかったんですね。ちょっと驚き^^

今月の第2週目に配信スタートになることが分かったそうです。そして・・分かった途端、事前登録者が40万人になったとのこと。すごいですね^^それだけみんゴルのファンが世界中にいるということなんでしょう。

それに、事前登録者の数が40万人を突破したら記念特典の追加も決まったそう。スマホのゲームにしてもパソコンのゲームにしても、事前登録することで特典をもらえるようにはなっていますが、みんゴルの場合には特典の他にゲーム内で利用できるコインが9,000枚もプレゼントされるとのこと。

「Twitterフォロー&リツイートキャンペーン」というものも現在開催中とのことで、配信元自体が騒いでいたんですね^^

実際、ゲームが配信されて半年後くらいまでにどれくらいのプレイヤーがいるのか、ここが肝心ですね

auのおすすめスマホ「Qua phone QX」は高性能カメラと軽量コンパクトボディ

スマートフォンを使用している人はおすすめスマホと聞くと気になって使用したくなるのではないでしょうか。
そのおすすめスマホには様々なものがありますが、そうした中の一つに「Qua phone QX」というauのおすすめスマホがあります。
このauのおすすめスマホは持ち歩きやすい軽量コンパクトサイズになっています。
本体サイズは幅約73ミリ、高さ約146ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約139gになっていますので、大きくて持ち運びに困っていた人でも快適に持ち歩くことができるでしょう。
カメラは約1,300万画素のメインカメラと約500万画素のサブカメラを搭載しています。
この高性能カメラにはオートフォーカス機能や手ぶれ補正機能、接写機能など、上手く撮影できない人に嬉しいサポート機能が付いていますので、いつでもどこでも美しい写真を撮影して楽しむことができると思います。
撮影した写真は約5インチの大型ディスプレイで見ることができます。
また、バッテリーは安心の2,600mAh大容量バッテリーを搭載していますので外出先でも電池切れを心配することなく楽しむことができますね。
このようなauのおすすめスマホのカラーバリエーションはブラック、ホワイト、ピンクというシンプルな3色が用意されています。スマートフォン一覧を見るならこちら

simpleaf (手書きメモ)アプリ

simpleaf (手書きメモ)アプリの特徴です。オーバーレイ機能によって、現在の画面を半透明にしてメモを取れます。書いたメモをメールアプリやEvernoteに送信できるようになります。消しゴム機能では、書いた線1本単位で消していくことができるのです。メモ帳アプリを開けずに、今見ている画面の上に直接メモできるのです。スマホの上に直接ペンで書いているかのような感覚を得られるといった、実に高機能な手書きメモ帳なのです。メモ帳としてのノートの上にメモを取ることもできますが、何より凄いのはオーバーレイ機能で、Webブラウザを開いている状態や他のアプリを開いている状態でも手書きメモが取れることです。書いたメモはメールやEvernoteに送れるので、アイデアやタスクをサッとメモして後で整理するのに使えるでしょう。また、消しゴムの機能は指でなぞったところが片っ端から消えていくわけではなく、自分の書いた線1本1本を選択して消すことが可能です。消したい線だけをピンポイントで選んで消せるので、画面が汚くなることもありません。アプリのアイコンも含めて見た目はシンプルですが、とても高機能な手書きメモアプリです。ぜひ試してみてください。