コスト3分の1で利用カンタン、ドコモが提案する新しいコインパーキングとは

NTTドコモは6月13日に実証実験を開始し「docomoスマートパーキングシステム」の報道関係者向けデモンストレーションを実施しました。「docomoスマートパーキングシステム」は、駐車スペースの路面に車を検知するセンサーを設置することで、時間貸しの駐車場(コインパーキング)を安価に実現できるシステムです。コインパーキングで主流となっているのは、フラップ板と精算機を設置するシステムです。一方を、「docomoスマートパーキングシステム」では、フラップ板も券売機も設置せず、センサーとゲートウェイを設置して、クラウド上で入出庫を管理します。決済をクレジットカードで行うのも特徴となっています。駐車場の利用者にとっては、従来型のコインパーキングより便利に利用できる。スマートフォンのアプリなどから近くの駐車場の事前予約(取り置き)をして、駐車場に入庫する際にアプリで「チェックイン」をすると決済されるとのことです。車の出庫時には手間のかかる精算手続きがなく、そのまま出庫するだけで、利用時間分の料金がクレジットカードから引き落とされるようになっているのです。この利用アプリのイメージは、近くの駐車場を地図から予約して、駐車したチェックインするという流れとなっています。出庫時は手続き不要、そのまま出発するだけで決済されます。

スマホが熱くなった時に冷却するための対処法

スマホが熱くなった時に冷却するための対処法。①すぐに使用をやめる。スマホは使用し続けるほど、内部の機械が稼働することになりますから、それだけ発熱することになります。そのため、熱くなった場合には、すぐに使用をやめるようにします。そのまま使用し続ければ、さらに高温になってスマホの寿命を縮めてしまう可能性が高くなるからです。特に、ゲームはつい長時間やってしまうことが多いです。しかし、最近のスマホゲームは高グラフィックで重い処理が必要となっているので、それだけ機械がフル稼働して発熱しやすいものとなっているのです。それを長時間やれば、さらに高温になってしまって、確実に本体や寿命の劣化・故障となります。スマホの長時間の使用は自分の健康にも色々と悪影響を及ぼすので、自分のためにもスマホのためにもほどほどにするようにしましょう。②熱が加わらないところに移動する、気温が高かったり、直射日光に当たって高温になってしまう場合には、熱が加わらない涼しい場所へ移動するようにします。スマホを放置する際には、特に注意が必要となります。直射日光にずっとあたり続けるような場所に置いておけば、それだけ熱くなってしまうので劣化の原因となるからです。

実は「デュアルSIM」仕様です

VAIO Phone BizはSIMロックフリーの状態で販売されます。通信に必要なSIMカードは別途用意する必要があるのです。公式の仕様では、microSIMカードに対応していることになっている。VAIOが公式に動作確認しているのは、以下のmicroSIMカードです。
・NTTドコモ(ISPは「spモード」「mopera U」に対応)
B・IGLOBE SIM
・楽天モバイル
・IIJmio
O・CN モバイル ONE
ドコモのSIMカードを挿入すると、上記の事業者を含めて30個の接続先情報(APN)がプリセットされます。ドコモ純正のISPはもちろん、ドコモ回線を利用する主要なMVNO(仮想移動体通信事業者)をしっかりフォローしています。もちろん、ここに記載されていないMVNOでも、APNを手動で追加することができます。通話定額やシェアパックを目当てにドコモ純正回線を使うも良し、月額料金を抑えるためにMVNOの「格安SIM」で使うも良しという感じです。ただし、「データ通信専用」かつ「SMS非対応」のSIMカードを利用する場合は、W-CDMA(3G)エリアでアンテナピクトを正しく表示できないことに注意しましょう。

「格安SIM」18サービスの実効速度を比較。夕方は「DTI SIM」が下り平均6Mbps台でトップに

「格安SIM」18サービスの実効速度を比較。夕方は「DTI SIM」が下り平均6Mbps台でトップに。夕方になると横浜駅周辺は大変混雑してきていて、大型駅らしいにぎわいになり、人ごみであふれていました。待ち合わせの人は1日で最も多く、当然トラフィックの量も増えているはずです。通信速度定点観測。下り平均0Mbps台のサービスは2つです。昼間よりは改善したのですが、全体的な通信速度は伸び悩んでいます。3月はFREETEL SIMが下り平均で20Mbps近い数値を出していたのですが、今回のトップはDTI SIMの下り6.69Mbpsで、10Mbpsにすら至っていません。上りの通信速度のほうが全体的に良い結果となったのです。そんななか下りの通信速度で上位陣を見ると、2位に本家ドコモのmopera Uが入ります。さすがの存在感ですが、下りは平均4.45Mbpsです。3位に下り平均3.51MbpsのNifMo、4位に3.04MbpsのFREETEL SIMと奮いません。ただ、NifMoとFREETEL SIMは3月の測定でも夕方に上位に入っているので、得意な時間帯ではあるのでしょう。ワースト1位はまたもぷららモバイルLTEで下り平均0.56Mbps、ワースト2位にこれまたランチタイムと同じくOCN モバイル ONEが入り、下り平均0.87Mbps。他は下り1~2Mbps台でした。

” スマホ比較 本当に稼ぐことが出来るお仕事  ”

スマートフォンではいろいろな副業が出来ます。しかし、中には、リスクの高いお仕事もあるかもしれません。しっかりスマホ比較して、安全な場所でお金を稼いでいただきたい。スマートフォンだから、私達は、簡単に出来る、すぐに出来る、高額稼ぐことが出来そうなどと、誇大なイメージをわかせてしまうようですが、それほど、現実って、甘いものではありません。

スマートフォンでお仕事をするにしてもスキルが必要になるケースって、非常に多いです。SEOという言葉をみなさんは、ある程度把握しているでしょうか。ネットショップ運営、アフィリエイトには、そのような知識が必要になって来ます。それは、検索エンジン最適化(search engine optimization)を略したものです。コンスタントに多くのアクセスを集めるため、たとえば、このような知識がしっかりと必要になります。

アフィリエイト、ウェブライターというのでも、かなりのライティング技術が必要ですし。

” スマホ音楽 音楽プレイヤー? “

スマホ音楽を楽しんでいる人たちは、実際にどの程度いらっしゃるのでしょうか。スマートフォンを音楽プレイヤーとして利用している人たちも実際には多くいます。スマートフォンだけでなく、音楽プレーヤーは、インターネットに接続出来るものも登場して来たのです。

スマートフォンでなく、音楽プレイヤーだから、安心ということではなく、段々とスマートフォンと音楽プレイヤーの区別もつかなくなって来たようですよ。知らず知らず、私達は、インターネットによって、世界と向き合う羽目になってしまったようです。

そして、ここで抱える問題は、出会いの問題と、依存の問題です。音楽プレーヤー端末から直接インターネットに接続し、音楽ファイルを購入するために、音楽プレイヤーにもインターネット接続があれば大変便利は便利です。無線LANでインターネットにアクセスします。無線LANの電波が届く環境であれば、インターネットに接続が出来たりします。

スマホの新機種が購入しにくい、、、

今では、スマホの実質0円やキャッシュバックがなくなっている中で、スマホの料金が気になりますよね。
前までは、お得に他社へ乗り換えができるということもあり利用をしていた方も多いと思います。
しかし、それができなくなれれば、本当に困る人もいますよね。
2年に1度は新しいスマホに変えれていたのに、実質0円やキャッシュバックがなくなると、スマホを変えるのも難しくなりそうです。

そんな中、やはり新機種のスマホに売れ行きなどもきになりますよね。
こういった制度がなくなれば、新機種だって売れなくなります。
新機種を購入するとなってくると、負担も大きくなります。
本当に総務省などが、料金についての指摘などをしているために、そういった状況になりそうです。

もちろん、スマホをあまり日頃使用しない人にとっては負担はないと思います。
やはり、スマホを持っていると、たくさん使いたいですし、また新機種に交換をしたいと思ったりもするのです。
新機種が出たとしても、今では負担がかかると思ったら購入をつい考えてしまいます。
キャンペーンなどで安くなるのがだめなものなのでしょうか。
これから少しでもスマホが安くなればとついつい願ってしまいます。

スマホ「実質ゼロ円」、1カ月でまさかの復活

スマホ「実質ゼロ円」、1カ月でまさかの復活。都内の携帯ショップです。看板に他社からのりかえで実質0円」の文字が見えます。携帯端末の代金分を月々の通信料から割り引く「実質ゼロ円」。2月にいったん姿を消した販売手法がわずか1カ月で復活しているのです。3月中旬に都心でざっと調べただけでも、NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクの複数の携帯ショップで、店外から見える場所に「実質ゼロ円」のポスターが張られていました。8万~10万円する米アップルの最新機種「アイフォーン6s」が、他社からの乗り換えでタダになる旨を堂々と明記していたのです。家電量販店でも、実質ゼロ円は復活しています。都心のある量販店の中では、3月に入るとドコモとソフトバンクの店舗で、実質ゼロ円と書いた小さな札をカウンターに置き始めたのです。同様の札がないauの店員に、「よそのほうが安いですね」と声をかけると、「(割引額が端末代金を上回る)『実質ゼロ円以下』とお伝えしている」と明かしてくれました。「通常は名刺の裏に値段を書いて(客に)渡すが、今はしていない」と証拠を残さない工夫まで教えてくれたのです。やはり手を替え品を替えて商戦を仕掛けているということですね。

ドコモのネットワークを避けては通れない

現状では、ほとんどのMVNOがドコモのネットワークを使用しているため、auやソフトバンクのユーザーがMVNOの格安SIMに乗り換えようと思うと、どうしてもスマホを買わなくてはなりませんでした。SIMロックを解除できるスマホはあったのですが、先に挙げた事情を考えると、周波数的に使い勝手がよくありません。そのため、乗り換え時にスマホを買う必要があり、ユーザーの初期コストが上がってしまっていたのです。3月23日からは、auやソフトバンクのiPhone 6s、6s Plusユーザーが、SIMカードを変えるだけで乗り換えられるようになって、スマホ購入コストを抑えることが可能になります。MVNOへ乗り換えるためのハードルが、一層低くなったともいえるでしょう。このタイミングを狙って、キャンペーンを仕掛けてくるMVNOがあっても不思議ではないのです。楽天モバイルは、SIMロック解除やiPhone発売などに絡め、過去さまざまなキャンペーンを仕掛けてきました。このタイミングで何か手を打ってくる可能性はあるのです。日本では、多くのユーザーがスマホを買う際には、割賦(分割払い)を利用します。ユーザーがイニシャルコストの負担が大きくなるのを嫌うためです。大手キャリアは24回にわたって通信料を割り引くことで、スマホの実質価格を抑えているのです。

” ドコモ スマホのテクノロジー “

ドコモスマホを子供さんに持たせるというのもメリットは存在します。しかし、デメリットもあります。だから、お母さんも、子供さんに渡すというときには、もうちょっとよく考えて行動しなければなりません。

スマートフォンでもコミュニケーションが出来るとスマートフォン依存症になってしまうのです。しかし、スマートフォンのコミュニケーションが本当のコミュニケーションかといえば、まるでロボットと会話をしているような偽物のコミュニケーションです。こんなものに子供さんの頃から依存すれば、本当の世界と、偽の世界の区別がつかなくなってしまうことになります。

テクノロジーは偉大です。子供さんの頃からテクノロジーに触れるというのもメリットかもしれません。しかし、子供さんは、まだまだ自分の力で土に触れて畑を耕さなければならない時期でもあります。虫を追いかけたり、鬼ごっこしたりという時間も、間違いなく偽物のコミュニケーションのお陰で減少して行ってしまうことになります。