スマートフォンの「KC-01」

“雨の日でも安心して使用できる防水機能やホコリに強い防塵機能がついており、多彩なカメラ機能やスマートソニックレシーバーなどの便利な機能もついているスマートフォンが「KC-01」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されており、ボディサイズは幅約64ミリ、高さ約127ミリ、厚さ約11ミリ、重さ約133gといった薄型軽量コンパクトサイズです。
CPUはMSM8926クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは8GBで32GBまで増やすことが可能です。
ディスプレイは約4.5インチTFT液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは2000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはHDR機能がついた約800万画素のメインカメラと約200万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンには、騒がしい場所でも聞き取りやすいスマートソニックレシーバーがついています。”

スマートフォンの「g05」

“傷つきにくい大型液晶ディスプレイを搭載し、飽きがこないシンプルデザインや持ちやすいスリムボディになっているスマートフォンが「g05」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはイエロー、ホワイト、ブラックの3色が用意されており、ボディサイズは幅約67ミリ、高さ約142ミリ、厚さ約7.2ミリ、重さ約140gという薄型軽量コンパクトサイズです。
CPUはMSM8939オタクコアプロセッサでメモリはRAM3GB、内蔵ストレージは32GBです。
ディスプレイは約5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは安心の2500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラは手ぶれ補正やオートフォーカスがついた約1300万画素のメインカメラとパノラマモードやフラッシュライトがついた約1300万画素のインカメラが搭載されています。
このようなスマートフォンには指紋認証センサーや眼セキュリティ認証などの安心機能もついています。”参照先URL

スマートフォンの「AQUOS Xx-Y」

“持つことに満足を感じられるメタルフレームを採用し、ミラーコーティングで高級感触れる背面デザインや鮮やかな表現力の大型液晶ディスプレイなども採用しているスマートフォンが「AQUOS Xx-Y」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはアンバーブラック、ホワイト、レッドの3色が用意されており、ボディサイズは幅約79ミリ、高さ約146ミリ、厚さ約8.7ミリ、重さ約168gです。
CPUはMSM8994オタクコアプロセッサでメモリはRAM3GB、内蔵ストレージは32GBです。
ディスプレイはEDGESTデザインを採用した約5.7インチフルHD液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは安心して使用できる3000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
こうしたスマートフォンのカメラは光学式手ぶれ補正がついた約1310万画素のメインカメラと広角レンズがついた約500万画素のインカメラが搭載されています。”

画像を沢山保存するなら「ROM」をチェック!

カメラ機能を重視して選びたい方には、カメラの画素数だけでなく「ROM」数値も確認しておくと安心です。ROMとは、画像や動画を撮った時にどのくらい保存できるのかといった内蔵メモリを表す数値です。基本的に32GBあれば十分ですが、毎日のように動画を撮影される方、4K画質の写真を撮ることが多い、という方には64GBや128GBといった大きな容量をおすすめします。保存できるか気になって写真や動画を楽しめない、ということがないように事前に確認しておくと安心ですね。またandroidスマホなら、microSDカードを差し込むことで保存することも可能ですが、中には対応していない機種もあるので購入前にしっかり確認しておきましょう。おすすめは、HUAWEI Mate 20 ProのROMが128GBのスマホです。ただしROM数が大きくなると、それだけ保存できる容量が増えるために端末本体の値段も高くなります。128GBあると8万円を超えるものも多いので、価格もよく確認しておきましょう。

エッジセンス2を搭載「HTC U12+」

“2018年夏モデルとして話題のHTC U12+ですが、HTC U12+には以下の特徴、スペックがあるため、今でも話題のAndroid端末となっています。
HTC U12+の特徴からとなりますが、HTC U12+は、HTCの最新フラグシップモデルとして販売されているため、最新フラグシップモデルとしての性能を誇っています。その中には、「エッジセンス2」と呼ばれている、HTCオリジナル機能も搭載されているのです。
エッジセンス2は、スマホ本体を握った際に、設定されている動作をスマートフォンが行うというユニークな機能です。握るだけで動作するため、より便利なスマートフォンを求めている人ほど、HTC U12+を評価しています。
しかもHTC U12+は、スペックが「CPUはSnapdragon 845、2.8GHz+1.8GHzのオクタコア」となっており、しかも「ストレージは128GB、メモリが6GB」のため、動作が重くなる心配はほとんどありません。”

長年の技術を集積した「SONY Xperia XZ3 SO-01L」

“すでにSONY(ソニー)は、テレビブランド「ブラビア」を通じて、テレビ画面など、ディスプレイの開発技術が惜しみなく進展しています。
そんな技術が今では、Android端末のSONY Xperia XZ3 SO-01Lに注ぎ込まれているのです。具体的にどのような面で優れているのかというと、SONY Xperia XZ3 SO-01Lは、6インチ有機ELディスプレイが採用されている、話題のHDR対応となっているだけでなく、SONYならではの色彩、コントラスト、解像度にも優れた高画質がアプローチされているのです。
そのためSONY Xperia XZ3 SO-01Lは、世界レベルの美しい映像を求める人から評価されている、Android端末の1つとなりました。他にも優れているところは多く、音響についても、CD音源よりも高音質とされているハイレゾ音源に対応しているのが、SONY Xperia XZ3 SO-01Lの大きな特徴でしょう。
メモリが4GB、CPU「SDM845」も搭載されているため、マルチタスクをこなす際にも活躍してくれます。”参照先URL

スマートフォンの「FTJ161A-Musashi」

“物理ボタンを搭載した2つ折り型スマートフォンとなっており、大画面液晶ディスプレイや高性能カメラなどを搭載しているスマートフォンが「FTJ161A-Musashi」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはブラック、ホワイト、シャンパンゴールドの3色が用意されており、ボディサイズは幅約63ミリ、高さ約123ミリ、厚さ約17ミリ、重さ約198gです。
CPUはMT6735MクアッドコアプロセッサでメモリはRAMが1GB、内蔵ストレージは8GBで最大128GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約4インチでバッテリーは取り外し可能な2000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラは約800万画素のメインカメラと約200万画素のインカメラが搭載されています。
このようなスマートフォンはLTE高速通信に対応していますのでインターネットなどがストレスなく快適に楽しむことができるでしょう。”

安定性抜群の「HUAWEI P20 Pro」

“HUAWEI P20 Proは以下のスペックが設けられているため、今でも人気の機種として販売されています。
HUAWEI P20 Proの大まかな仕様ですが、発売日は2018年6月15日と古いのですが、今でも最新機種に比類するほどの性能を誇っているため、今のような人気を得ているのです。一括価格や約10300円、分割価格の場合は約430円の24回払いとなりますので、ほぼ負担無しで持てるスマートフォンの1台であるのは確かでしょう。
補足となりますが、キャンペーン申し込みは「オンラインショップSPECIAL特典」、「月々サポート」を併用しないといけません。
HUAWEI P20 Proだけの特徴では、トリプルレンズを業界初で備えることに成功しました。他にもLeica監修レンズという、「プロ並みの写真を撮ることができるレンズ」を採用しているのです。
しかもHUAWEI P20 Proは、デジタルカメラのような横持ちによる写真撮影も可能です。”

ロック画面の数字の下のアルファベット

日本人はロック画面の数字を決める時には決め方がたくさんあると思う。語呂合わせだったり、誕生日だったりと。しかしその数字の下にあるアルファベットについて不思議に思った事はないだろうか。日本人はそもそも知らない人が多いのではないだろう。しかしそんなアルファベットにもきちんと意味がある。それは文化の違いから生まれたものだ。外国人は、日本人みたいに語呂合わせをする文化が無いから、そんな外国人にも覚えやすいように作られたのだ。アルファベットで言葉を作りながら数字を覚えやすくするためなのだ。これは日本人でも使えるのではないかと私は考えた。普通気にしなかったが、考えてみたら数字として覚えて打つよりも、英語の方が厳重ではないだろうか。それに英語だけでなく、数字と組み合わせればもっと幅が広がって、安心できるのではないだろうかと、私は思う。ただあまり複雑に組んだり、違った覚え方をした単語で組んだりするのはやめた方がいいだろう。https://www.galaxymobile.jp/explore/hint/hikaku-s9-s7edge/

スマホから水を追い出すアプリ

このアプリはスマホに入った水をワンタッチで追い出すアプリだ。スマホに水が入ったりすると、一般的には米の中に入れたりするみたいだが、やはりそれも完璧ではない。それに落ちた場所によっては米がないのかもしれない。そんな時にこのアプリがあれば一瞬で水を追い出せる。いくら水への防止が完璧と言ってる会社のスマホでも、機械には変わりないので何かの拍子に入る可能性もある。それで壊れてしまったら笑えない。そんな時に役に立つのがこのアプリだ。このアプリの仕組みは、タッチすると音が出るスピーカーから特殊なトーンの音波が発せられ水を追い出すのだ。理由は、基本的に故障する原因は水がスピーカーあたりに溜まるかららしい。私は昔一度トイレに落とした事があるので、こういう時に頼りになるアプリがあると安心すると思う。もし、全て取れなくても修理会社に出すまでの応急処置としても使える。何かできるという事だけでも安心感は大きく違うだろう。