逆光撮影は上級者クラス! 出来るだけ順光で撮影する

逆光撮影は上級者クラス! 出来るだけ順光で撮影します。景色などの撮影は自ずと撮影位置が決まりますが、人物を撮る際には立ち位置が大事となるのです。逆光状態できれいに撮影するには光をかなりうまくコントロールする必要があり、難易度が高い上級者クラスの撮影となります。スマホで撮影する場合は順光を意識するようにしましょう。常に光を背中で受けて、太陽や照明は後ろにある状態で撮影することがポイントです。逆光は上級者向きということですね。見せたいものを中央に持ってくる構図です。一番簡単で使いやすいので、初心者にオススメです。三分割構図は画面を縦と横それぞれ3つに分けて考える構図です。分割線の交点(○の部分)に被写体を置くと、スッキリときれいな写真になります。二分割構図は画面を2つに分けて考える構図です。上下対称、左右対称ものを撮影するのに適しています。スマホアプリには「グリッド線」を出す機能が備わっていることが多いので活用するようにしましょう。手ぶれを防ぐ方法。きれいな写真を撮るために、手ぶれは厳禁です。スマホ用の三脚も販売していますが、旅行の時にはできる限り荷物を減らしたい・・。そこで、三脚なしで手ぶれを減らす方法を紹介します。体を固定して両脇をしめる。壁などに寄りかかって体が動かないように固定します。そして、両脇をしめてシャッターを切ると、かなり手ぶれが防げます。

ミュージックプレーヤーにする

私は目覚まし時計の代わりにしているんですが^^

これは、使わなくなったスマホの利用方法について書かれていた記事を読んでのことです。新機種を購入したら、前の機種は売ってしまうという人も多いのかもしれませんが、一方では愛着があって売ることができないという人もいるハズ!そんな人たちに、使わなくなったスマホの利用アイデアがあったんです。

いくつか再利用の方法が紹介されていたんですが、スマホで音楽を常に聴いている人は、MP3プレーヤーとして使ってみるのも良いかもと。これ良いですね。いっつもイヤフォンを使ってスマホから音楽を聴いていると耳は痛くなるし^^疲れてしまうことも。でも、家の中でも好きな音楽を聴いていたいという時は使わなくなったスマホをMP3プレーヤーに。あるいは「音楽ストリーミング用デバイスにしても良いかもしれません」ともありました。

で、私ですが、長らく前の機種を目覚まし時計にしていたので、セットの仕方が変わったり、音が変わったりするのが何だか嫌なので、そのまま使ってるんですよ。たま~に充電する必要があるのが面倒ですが^^

あ、そうそう、ミュージックプレーヤーにする場合にも、こまめに充電することは忘れないで!とも書かれていましたので。

“学習教材としての完成度とゲーム的な楽しさを両立 “

アプリの開発にあたっては、英語教育の第一人者である上智大学の吉田研作氏を総合監修者に招き、「CEFR(セファール)」と呼ばれる語学の能力レベルを示す国際標準規格にのっとって学習内容が決められました。CEFRには、「基本的な言葉で自分の名前や気持ちを伝えられる」「身近なことがらについて簡単なやり取りができる」など、レベルに応じて達成すべきことが定められていて、これに準じる学習が組まれているのです。一方で、「学生が楽しく使い続けてくれるもの」という視点も必要です。英語が苦手なメンバーの「学習教材的な、現実にはありえない、どうでもいい会話は耐えられない。ストーリーがないと続かない」という実体験から、レッスンに物語性を持たせることにしたのです。「『逆転裁判』などのシナリオを手がけているジンテーゼさんにシナリオを作ってもらいました。開発の難易度は高いのですが、英語学習教材としてちゃんとした内容で、物語としても楽しく続きが気になるものを両立させようと努力しました」(笹部氏)CEFRの基準を満たしながら、物語として興味を引くものにすることには大変な苦労があったというのです。シナリオ開発側は、当初、舞台を無人島に設定。集まった人たちが1人、また1人と消えていき、最後に謎が解明されるという海外ドラマのようなストーリーを考えた。しかし、これでは「レストランで料理の注文をするシチュエーションも入れられない」(笹部氏)。回想シーンで対応できると開発側は粘ったのですが、不自然すぎるということで残念ながら採用できなかったということです。

スマホを紛失してしまった場合、、、、

もしも、スマホを紛失させてしまった場合、どのように対処をしようか迷ってしまいがちです。
たくさんのデーターが詰まっていて、個人情報の流出の原因にもなるので注意をしなくてはいけません。
しかし、スマホを紛失させてしまった場合どうしたらいいものなのでしょうか。

スマホを紛失してしまった場合、Androidデバイスマネージャーを使用すればロックすることができます。
しかし、中にはロックだけでは不安なんて方もいるでしょう。
そういう場合は、やはり初期化をおすすめしますね。
Androidデバイスマネージャーを使用すれば初期化も可能となっています。
なので、情報流出をしないためにも、初期化をしてけば一安心かもしれません。

もしも、この初期化を使用すると30秒程度で初期化が完了をするそうですよ。
離れていた場所でも初期化が可能なんてすごいですよね。
でも、本当に最終手段はそれしかないと思います。
今では、情報を流出させることなんて結構よくあることです。
写真や動画などであれば特にそうなってくる可能性があります。
なので、もしもの時は初期化ができるように設定をしておくのがいいと思いますね。

スマホバッテリーは面倒くさい

Androidスマホを使用してやっぱりスマホバッテリーがなくなって困ったという体験をした人たちも多くいるのではないでしょうか。

Androidスマホって、本当に想像以上にスマホバッテリーが減るのが早いです。電池パック(約2000円)を追加で購入するなど、対策がここに必要になって来ます。

スマホゲーム、アプリに夢中なのは、大変理解出来ます。しかし、Androidスマホをしている人たちは、何が電池をくうかということをあらかじめ理解しておくべきではないでしょうか。

いろいろなシステム系アプリでバッテリの使用状況がわかるので、電池を多く消費するアプリの使用には、注意する等のモチベーションが必要です。

スマートフォンって、バッテリーのことまで考えると結構面倒くさいヤツなのです。ウィジェットは便利です。しかし、便利だけど、電池を大変くってしまうものらしいです。バッテリーをくってまで、天気予報を便利に見る機能なんて必要でしょうかね。

http://www.samsung.com/jp/contents/guide/smartphone-music.html

スマホメモリ キャッシュ消去

スマホメモリが少ない体験をした人たちもそろそろかなり多くいらっしゃるはずです。みなさんそれぞれ頭を抱えてるでしょうね。

新しくコンテンツを入れようと思ったときに、「空き容量が不足しています」。

この悲劇。

しかしスマートフォンは当たり前にそのようなことが起こってしまうのです。だから、私達は、必要なアプリと余分なアプリを見極めて「削除」「移動」というテクニックを勉強しなければなりませんし。

「キャッシュ」を消去して内蔵メモリを確保するというノウハウをしっかり把握しなければなりません。

キャッシュって何?

現金ではありませんよ。

キャッシュとは、読み込みを早くしてくれるデータのことです。それを知るだけでも、ここに寄り道していただいた意味はあります。

さあ、スマートフォンに詳しい人たちに聞いてみましょう。キャッシュとは何?と言えば、お前馬鹿だなあ、キャッシュは、キャッシュのことに決まっているだろうと誤魔化されてしまうことに。

カメラでの撮影もなし!?スマホでスマートな名刺交換を!

仕事をしていて名刺をたくさん交換するという人は、その名刺管理に悩まされたりするものです。

もちろんいただいた名刺をフィアリングするのはいいのですが、パッとその後見つけられなかったり、出先でそのファイルを確認することができないといったこともあります。

かといって一つ一つスマホなどに手入力するという時間は取れない、そういう人がカメラやスキャナーでデジタル化するソフトやアプリを使っていたのではないでしょうか。

今後はその作業さえなくなるかもしれません。

スマートフォン向け名刺管理アプリ「Eight」というもので、目の前にいる相手とスマホだけでワイヤレスで名刺データを送受信できるようになりました。

さらに今後の追加で予定している機能ではプロフィールから学歴や職歴などの共通点を調べて通知するといったものまで増えるそうで、あったその時に共通の話題ができると話しもスムーズに進みそうですね。

ペーパーレスでいろいろな紙が消えていく現代において名刺は必ず持ち歩く必須アイテムだったのに、それさえもなくなって、誰も名刺を持ち歩かずスマホでやり取りが当たり前になる時代がそう遠くない未来にやってくるかもしれませんね。

この先どんな風に変わっていくのかとても楽しみです。

iPhoneなら写真を自動でPCに転送できる

スマホで最も利用されているアプリの1つが、カメラアプリです。周りの人でも、みんなすごい量の写真を撮っていることでしょう。パソコンを持っている人は、パソコンで加工したり、バックアップしたりしたいわけですが、iPhoneではWi-Fiにつなげれば、自動的にパソコンにダウンロードして保存できるのです。この無料で使えるAppleのサービスをフォトストリームといいます。写真を加工して投稿したい場合は、今まではUSBケーブルでiPhoneとPCをつないで・・・なんてしなければなりませんでしたが、iPhoneであれば、全て全自動となっているのです。アンドロイドでも出来なくはないのですが、上級者でないと難しいのと、アプリが有料なのが玉に瑕ですね。iPhoneの場合。iCloudのフォトストリーム iPhoneで撮影した写真や画面のキャプチャー画像です。Wi-Fiで転送されます。自宅や会社にWi-Fiがあれば、パソコンを起動すれば自動的に転送されるようになります。アンドロイドの場合。Androidで自動転送 アンドロイドでも同じことが出来ます。iPhoneはウィルスに感染しない?iPhoneの場合では、アプリ上の制限が非常に多く、アプリの配布もAppleの厳しい審査を通過しないと、配布できません。また、ストアで配布する場合は、Appleに年間参加費を支払って登録する必要があり、毎年更新しないといけない、など、非常に厳しい条件が課せられるのです。そのため、ほぼウィルスは気にしなくていいと言ってよいでしょう。
スマホのハウツー・コラム

音楽プレイヤーアプリを使って再生する

iPhoneもAndroidでも公式アプリショップに「無料」「有料」それぞれの音楽再生アプリが提供されています。高音質な音楽が楽しめたり、ランダムにお気に入りの音楽を再生してくれたり、再生と同時にその曲の歌詞が表示されたり等、様々な特色を持ったアプリが提供されているのです。音楽好きの方は、試してみるのもいいかもしれませんね。自分の好きな音楽をスマホに取り込むには、大きく分けて2つの方法があります。①音楽配信サイト(アプリ)からダウンロードして取り込むこと。②PC(パソコン)を使って音楽ファイルをスマホにコピーして取り込むこと。パソコンを持ってない人、パソコンの操作が苦手な人には配信サイトから音楽をダウンロードする方法になるでしょうし、パソコンを持っていて音楽をパソコンに落とすことに慣れている人、また、既にパソコンにお気に入りの音楽DATのAある人はパソコンから音楽ファイルをコピーする方法がいいかもしれません。いずれにしても音楽プレイヤーアプリを利用してスマホ内の音楽を聴くのはとても簡単です。現在ではスマホ内に保存した音楽データを聞くだけではなく、インターネット上のサーバにアクセスしてサーバに保存している音楽データも再生して音楽を聴くことができるのです。

“au スマホ AndroidよりもiPhone シャッターが違う “

auスマホやっぱりカメラを使用したい!スマホカメラなら、iPhoneよりもAndroidスマホの方が、全然画素数が多いです。ついついAndroidスマホを選択してしまう人たちが多いのではないでしょうか。

しかし、カメラでもiPhoneを選択する人たちは多くいます。Androidスマホの、シャッターは実際に最悪という評判がたっています。押してワンテンポどころかツーテンポくらい置いてという感じです。

画素だけを意識して、スマホカメラを購入すればちょっと痛い目にあうかもしれません。

しかし、Androidスマホも最近は、もっと進化したと言いますが。iPhoneは、しっかり最初、押した瞬間にシャッターが切れるということに貫かれています。

やっぱり、iPhoneは何処か最初からポリシーがしっかりしていれるという感じがしないではありません。シャッターが、瞬間に切れる、切れないって、あまり大したことないとお思いでしょうか。カメラの満足度って、このようなことと思いますが。